ここにもいます(^^)

執筆しているメルマガです

  • コンサルKUROSUの「超辛口就職指南」
    景気が悪いほど、会社で自分の力を発揮するチャンスなのです。 経営コンサルとしてだけではなく自分も一経営者として「会社はこういう人ならドンドン採用する」という人物像をお知らせしています。 タイトルどおり辛口ですが(笑)、就職転職を考えている方にはぜひ読んでいただきたいです。
  • 魂を磨く50の質問
    瞑想のインストラクションの際にお話している内容を、簡単な質問形式にしています。月一の発行なので、邪魔にならないと思います(笑)

クライアントの一部です

お勧めのブログです

僕の書いた本です

  • 黒須 靖史著: 会計と経営戦略

    黒須 靖史著: 会計と経営戦略
    主にSEの方を対象にした本です。 経営戦略の基本的な考え方と、その基礎となる会計の基礎知識を載せてあります。 「戦略的な情報システム」の構築を始めて担当する方にお勧めです。

  • 中小企業診断協会編: コンサルティング・コーチング

    中小企業診断協会編: コンサルティング・コーチング
    コンサルタント向けのコーチング本です。 コーチングの基本的な考え方とスキル、そして、コンサルティングでの活用方法などを載せてあります。 この手の本にしては珍しく重版を重ねており、現在5刷です。 (中小企業診断士の資格更新研修テキストにもなっています)

  • 中小企業診断協会∥編: 社内コーチング導入マニュアル

    中小企業診断協会∥編: 社内コーチング導入マニュアル
    「社内にコーチングを定着させる」ということが目的の本です。 「コーチングの研修をやったけど、社内で機能していない」という話をよく聞きますが、それは「社内定着化のプロセス」を行っていないからです。 本書では、コーチングの定着化に重点を置いているところが、他書にはない特徴です。

無料ブログはココログ

« ヘルシンキ出張所感 | トップページ | いけてる企業の資産形成方法 »

2014/05/06

エコと経済活動

仕事の関係上、いろいろなエコ関係の資料などを読む機会が多くあります。
 
 
いろいろな方法や未来像などがあって「なるほどな~」と思う事が多い反面、ついつい気になるのが
 
「じゃ、これが実現しているときは、一般的な経済活動はどうなっているのか?」
ということです。
(━_━)ゝウーム
 
 
多くの場合、製造業などの一単位として環境に大きな影響を与える業種や家庭については検討・考慮されているのですが、
卸売業、流通業、サービス業、あるいは農林水産業などについての記述を見かけることは滅多にありません。
 
 
このような業種は確かに一単位当りの環境負荷は少ないと思うのですが、でも数は多いし、従事者もたくさんいます。
 
経済活動としては、随分と世の中への影響が多いはずです。
 
 
製造業以外の経済活動をどのようにエコ化するかを考えないと、おそらく描いている「エコ化の推進」はなかなか実現しないでしょう。
 
もちろん、政策としてエコ化を推進するものもあるのですが、具体的には個々の事業者の取り組みにかかっています。
 
 
エコ化の全体像・将来像を見据えながら、個々の企業にそれを落とし込んでいくのも僕らのような業種の役割だなぁ、と思っています。
 
ふぁいとぉー!!┗(  ̄◇ ̄)乂( ̄皿 ̄ )bいっぷぁーつ!!

« ヘルシンキ出張所感 | トップページ | いけてる企業の資産形成方法 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39411/59594577

この記事へのトラックバック一覧です: エコと経済活動:

« ヘルシンキ出張所感 | トップページ | いけてる企業の資産形成方法 »