ここにもいます(^^)

執筆しているメルマガです

  • コンサルKUROSUの「超辛口就職指南」
    景気が悪いほど、会社で自分の力を発揮するチャンスなのです。 経営コンサルとしてだけではなく自分も一経営者として「会社はこういう人ならドンドン採用する」という人物像をお知らせしています。 タイトルどおり辛口ですが(笑)、就職転職を考えている方にはぜひ読んでいただきたいです。
  • 魂を磨く50の質問
    瞑想のインストラクションの際にお話している内容を、簡単な質問形式にしています。月一の発行なので、邪魔にならないと思います(笑)

クライアントの一部です

お勧めのブログです

僕の書いた本です

  • 黒須 靖史著: 会計と経営戦略

    黒須 靖史著: 会計と経営戦略
    主にSEの方を対象にした本です。 経営戦略の基本的な考え方と、その基礎となる会計の基礎知識を載せてあります。 「戦略的な情報システム」の構築を始めて担当する方にお勧めです。

  • 中小企業診断協会編: コンサルティング・コーチング

    中小企業診断協会編: コンサルティング・コーチング
    コンサルタント向けのコーチング本です。 コーチングの基本的な考え方とスキル、そして、コンサルティングでの活用方法などを載せてあります。 この手の本にしては珍しく重版を重ねており、現在5刷です。 (中小企業診断士の資格更新研修テキストにもなっています)

  • 中小企業診断協会∥編: 社内コーチング導入マニュアル

    中小企業診断協会∥編: 社内コーチング導入マニュアル
    「社内にコーチングを定着させる」ということが目的の本です。 「コーチングの研修をやったけど、社内で機能していない」という話をよく聞きますが、それは「社内定着化のプロセス」を行っていないからです。 本書では、コーチングの定着化に重点を置いているところが、他書にはない特徴です。

無料ブログはココログ

« 「ポジティブ思考」の正しい使い方 | トップページ | 社長と共に、明るい未来を切り拓く! »

2013/05/31

日本人が思い出しやすい商品名とは

先日、ある会議で衣類の消臭スプレーの話題が出ました。
 
その時のメンバーは僕を含め40歳台後半から50歳台後半。
いろんな固有名詞が、すべて「アレ」か「アレアレ」になってしまう世代です(笑)。
 
 
その時も、
「ほら、アレだよね、アレ」
「そうそう、アレアレ」
 
という会話となり、まぁ、会話としては成立したんですが、結局その商品名は出てこないままでした(^^;
 
 
みなさん、この「アレ」は何だと思いますか?
 
 
 
 
その会議では、「アレ」ではないほうの商品名は全員がすぐに出てきました^_^;
 
 
 
その商品のほうの名前は
 
「リセッシュ」
 
 
ですから、会議でも
 
「ほら、リセッシュじゃなくて、えっと、もっと早くからあったアレ、外国製のアレ」
 
という具合です(^-^;
 
 
 
会議が終わってからも、僕としてはなんとか「アレ」がなんだったかをスッキリさせたくて、一生懸命思い出す作業を試みました(ネットで調べちゃうと記憶力が弱くなるので)。
 
 
いろんな切り口で、商品名のヒントを見つけようとしたのですが、なかなか出てきません。
 
(○ ̄ ~  ̄○;)ウーン・・・
 
 
 
 
 
翌日になって(粘りました!)、やっと出てきました !(^^)!
 
そう、「ファブリーズ」です。
 
 
 
そこで、なぜ会議のメンバーは「リセッシュ」がすぐに思い出せて、「ファブリーズ」は出てこなかったのか、を考えてみました。
 
 
まず、リセッシュですが、機能と音の組み合わせから日本人がイメージしやすかったのだと思います。
 
 
つまり「リフレッシュ」や「リセット」という機能と、「シュッ」という散布するときの音ですね。

 
どちらも僕達がよく使う単語で、
「布に吹きかけて、きれいにするアレ」
 
という思考にピッタリの商品名です。
 
 
 
コレに対して、「ファブリーズ」は、おそらく生地や織物を意味する「ファブリック」という英単語から来ていると思います。
 
日本人はなかなか「ファブリック」という単語になじみはありません。
ですから、すぐには思い浮かばないのでしょう。
 
たぶん、「ファ」まで出てくれば、広告の効果によって「ファブリーズ」というのが出てきたと思いますが、その「ファ」を連想する回路が日本人にはないのです。
 
 
 
 
ちなみに、
 
「リセッシュ」は花王の製品
「ファブリーズ」はP&G(アメリカ)の製品 
 
 
日本語の文化的に、商品の固有名詞には機能を表すものが多く使われていると言う歴史があります。
それに対して英語、特にアメリカは「ニックネーム」的な商品名をつける傾向があります。
 
 
ですから、日本人が商品名を思い出しやすいようなネーミングには、やはり機能や動作などが加わった商品名がいいのだろうなぁ、などとこの歳になって痛感しています(笑)。
 
 
ちなみに、当社の名称である「ステージアップ」も、僕の造語ですが、
 
「クライアントが活躍するステージをもっと上にあげる」
 
 
という意味がこめられています。
皆さんにとって、覚えていただきやすい社名になっているでしょうか? 
 
Σ(; ̄□ ̄A アセアセ

« 「ポジティブ思考」の正しい使い方 | トップページ | 社長と共に、明るい未来を切り拓く! »

コメント

その会議に女性はいましたか??
いらしたなら翌日まで考えることもなかったと思いますよ。
…うちの玄関にはアレが常備してあります。

We're mixed in this understanding on the peaceful great thing about this Whiteshell, in addition to our goal would be to keep this particular jewel on the playground to the satisfaction connected with future generations. We're also wanting to co-operate with all the serve take care of the cheap louis vuitton trouble connected with deciding a formula for many communities for you to play a role their justifiable share for a sustainable amusement parks procedure.

ずっと使っていなかったPCをいじっていたら、先生のHPをお気に入りで発見!

お久しぶりです。5~6年前、鹿児島のM市で、先生が講師をされたネットショップ
開設講座に出席していた者です。大変お世話になりました。
あれから、私も家業に従事することになり、2年前に個人事業から法人化しました。
いろいろ大変ですが、楽しく刺激ある毎日です。

先生のブログをいま少し拝見させていただきましたが、とても面白いですね!
発想など参考になります。これからものぞきにきますねv
毎日お忙しいと思いますが、お体ご自愛くださいませ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39411/57461916

この記事へのトラックバック一覧です: 日本人が思い出しやすい商品名とは:

« 「ポジティブ思考」の正しい使い方 | トップページ | 社長と共に、明るい未来を切り拓く! »