ここにもいます(^^)

執筆しているメルマガです

  • コンサルKUROSUの「超辛口就職指南」
    景気が悪いほど、会社で自分の力を発揮するチャンスなのです。 経営コンサルとしてだけではなく自分も一経営者として「会社はこういう人ならドンドン採用する」という人物像をお知らせしています。 タイトルどおり辛口ですが(笑)、就職転職を考えている方にはぜひ読んでいただきたいです。
  • 魂を磨く50の質問
    瞑想のインストラクションの際にお話している内容を、簡単な質問形式にしています。月一の発行なので、邪魔にならないと思います(笑)

クライアントの一部です

お勧めのブログです

僕の書いた本です

  • 黒須 靖史著: 会計と経営戦略

    黒須 靖史著: 会計と経営戦略
    主にSEの方を対象にした本です。 経営戦略の基本的な考え方と、その基礎となる会計の基礎知識を載せてあります。 「戦略的な情報システム」の構築を始めて担当する方にお勧めです。

  • 中小企業診断協会編: コンサルティング・コーチング

    中小企業診断協会編: コンサルティング・コーチング
    コンサルタント向けのコーチング本です。 コーチングの基本的な考え方とスキル、そして、コンサルティングでの活用方法などを載せてあります。 この手の本にしては珍しく重版を重ねており、現在5刷です。 (中小企業診断士の資格更新研修テキストにもなっています)

  • 中小企業診断協会∥編: 社内コーチング導入マニュアル

    中小企業診断協会∥編: 社内コーチング導入マニュアル
    「社内にコーチングを定着させる」ということが目的の本です。 「コーチングの研修をやったけど、社内で機能していない」という話をよく聞きますが、それは「社内定着化のプロセス」を行っていないからです。 本書では、コーチングの定着化に重点を置いているところが、他書にはない特徴です。

無料ブログはココログ

« 高校で「民法」はどのくらいやっているんだろう・・・? | トップページ | 「経営コンビニ」の怪しい動き »

2011/11/13

組織のパフォーマンスアップの鍵となるのは・・・

あるクライアントから、
 
「40才代後半~60歳代の社員のモチベーションをあげる研修をやって欲しい」
 
という依頼を受けていまます。
 
 
おおよそどの会社でも、その世代は組織における将来性でザックリ分けると2つのグループに分かれます。
 
■グループA:幹部候補あるいは幹部グループ
・将来あるいは現在、会社の幹部として活躍する(している)グループ
 
■グループB:現状維持グループ
・今の職位がなんであれこれ以上のポジションアップは期待薄のグループ
 
 
 
会社組織はピラミッド型ですから、当然上に行けば行くほどポストが少なくなります。
したがって、グループAに属していられる人は非常に限られています。
 
 
さて、
グループBに見られる傾向としては、次のようなものがあります。
・仕事への熱意の低下
・会社での存在感の喪失

さらにそれらの結果として、
 
・パフォーマンスのダウン
・若手社員への悪影響
・扱いにくい社員化
 
という状態に陥りやすくなります( ̄ヘ ̄;)
しかも、年齢が上がれば上がるほどその傾向が強くなってしまいます。


ですから、大多数を占めるグループBの活性化が、組織全体の活性化につながるとも言えるわけです。
 
 
そこで、今回の研修のコンセプトとしては「グループBのヒーロー化」としました。
( ̄▽ ̄)b !
 
これを実現するには、受講者だけではなく組織的なバックアップも必要となるのでそのあたりの提案も一緒に行っていきます。

結果が楽しみです
((o(^∇^)o))

« 高校で「民法」はどのくらいやっているんだろう・・・? | トップページ | 「経営コンビニ」の怪しい動き »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39411/53235398

この記事へのトラックバック一覧です: 組織のパフォーマンスアップの鍵となるのは・・・:

« 高校で「民法」はどのくらいやっているんだろう・・・? | トップページ | 「経営コンビニ」の怪しい動き »