ここにもいます(^^)

執筆しているメルマガです

  • コンサルKUROSUの「超辛口就職指南」
    景気が悪いほど、会社で自分の力を発揮するチャンスなのです。 経営コンサルとしてだけではなく自分も一経営者として「会社はこういう人ならドンドン採用する」という人物像をお知らせしています。 タイトルどおり辛口ですが(笑)、就職転職を考えている方にはぜひ読んでいただきたいです。
  • 魂を磨く50の質問
    瞑想のインストラクションの際にお話している内容を、簡単な質問形式にしています。月一の発行なので、邪魔にならないと思います(笑)

クライアントの一部です

お勧めのブログです

僕の書いた本です

  • 黒須 靖史著: 会計と経営戦略

    黒須 靖史著: 会計と経営戦略
    主にSEの方を対象にした本です。 経営戦略の基本的な考え方と、その基礎となる会計の基礎知識を載せてあります。 「戦略的な情報システム」の構築を始めて担当する方にお勧めです。

  • 中小企業診断協会編: コンサルティング・コーチング

    中小企業診断協会編: コンサルティング・コーチング
    コンサルタント向けのコーチング本です。 コーチングの基本的な考え方とスキル、そして、コンサルティングでの活用方法などを載せてあります。 この手の本にしては珍しく重版を重ねており、現在5刷です。 (中小企業診断士の資格更新研修テキストにもなっています)

  • 中小企業診断協会∥編: 社内コーチング導入マニュアル

    中小企業診断協会∥編: 社内コーチング導入マニュアル
    「社内にコーチングを定着させる」ということが目的の本です。 「コーチングの研修をやったけど、社内で機能していない」という話をよく聞きますが、それは「社内定着化のプロセス」を行っていないからです。 本書では、コーチングの定着化に重点を置いているところが、他書にはない特徴です。

無料ブログはココログ

« 8月は中国に行ってきます~ | トップページ | 「センス」は鍛えられる »

2011/08/03

ZAITEN誌の取材を受けました

もともとの名前を「財界展望」 http://www.zaiten.co.jp/ という雑誌から、
「成功している中小企業診断士のインタビュー記事を載せたい」
という依頼があり、昨日、電話にて1時間ほどインタビューを受けました(^^)v

テーマはこんな感じですφ(◎。◎‐)

=======================

■著名中小企業診断士○人が語る「独立開業の成功術」■
1)資格取得のきっかけ 勉強法
2)資格取得後の考え方(独立か否か)、取得直後の活動
3)中小企業診断士としてのオリジナルなテクニック(他のコンサルとの違い)
4)現在の活動内容(著名中小企業診断士の24時間)と実績(収入、コンサル企
業数など)
5)失敗談などエピソード
6)「食えない」と嘆く中小企業診断士へのアドバイス

=======================

掲載:次号特集(2011年10月号誌上=9月1日発売号)だそうです。

インタビューの後半、

「診断協会へ求めるものはありますか? 独立志望者からは独立開業の支援(仕事の紹介)などをもっとして欲しい、という声も結構あるようですが」

という質問をされたので、

「支援して欲しいなんて言ってる人は、独立したって成功しないですよ」

と言っておきました(笑) この部分は記事になるかな^_^;

« 8月は中国に行ってきます~ | トップページ | 「センス」は鍛えられる »

コメント

「ZAITEN」先生の所だけ、立ち読みしてきました(#^.^#)
「支援してほしいなんて言ってる人は…。」の部分、載ってましたね。
いつも先生の書かれるものは「僕」なのに、記事は「私」になっていたのが妙に新鮮でした。
コンサルタント…やっぱり、天職だと思います。
コンサル先だけでなく、関わる人たちがみーんなを「幸せ」にするパワーが先生にはあると思います。(よいしょ!っと)
これからもよろしくお願いします(^_-)-☆

ちゃおさん
コメント&立ち読み(笑)、ありがとうございます(^^)

インタビュー記事なので、文書はライターが書いてるので、ちょっといつもと違う雰囲気だったと思います^_^;

意外といろんな人が読んでてくれて、ちょっとびっくりデス^_^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39411/52379732

この記事へのトラックバック一覧です: ZAITEN誌の取材を受けました:

« 8月は中国に行ってきます~ | トップページ | 「センス」は鍛えられる »