ここにもいます(^^)

執筆しているメルマガです

  • コンサルKUROSUの「超辛口就職指南」
    景気が悪いほど、会社で自分の力を発揮するチャンスなのです。 経営コンサルとしてだけではなく自分も一経営者として「会社はこういう人ならドンドン採用する」という人物像をお知らせしています。 タイトルどおり辛口ですが(笑)、就職転職を考えている方にはぜひ読んでいただきたいです。
  • 魂を磨く50の質問
    瞑想のインストラクションの際にお話している内容を、簡単な質問形式にしています。月一の発行なので、邪魔にならないと思います(笑)

クライアントの一部です

お勧めのブログです

僕の書いた本です

  • 黒須 靖史著: 会計と経営戦略

    黒須 靖史著: 会計と経営戦略
    主にSEの方を対象にした本です。 経営戦略の基本的な考え方と、その基礎となる会計の基礎知識を載せてあります。 「戦略的な情報システム」の構築を始めて担当する方にお勧めです。

  • 中小企業診断協会編: コンサルティング・コーチング

    中小企業診断協会編: コンサルティング・コーチング
    コンサルタント向けのコーチング本です。 コーチングの基本的な考え方とスキル、そして、コンサルティングでの活用方法などを載せてあります。 この手の本にしては珍しく重版を重ねており、現在5刷です。 (中小企業診断士の資格更新研修テキストにもなっています)

  • 中小企業診断協会∥編: 社内コーチング導入マニュアル

    中小企業診断協会∥編: 社内コーチング導入マニュアル
    「社内にコーチングを定着させる」ということが目的の本です。 「コーチングの研修をやったけど、社内で機能していない」という話をよく聞きますが、それは「社内定着化のプロセス」を行っていないからです。 本書では、コーチングの定着化に重点を置いているところが、他書にはない特徴です。

無料ブログはココログ

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011/04/30

個人で活動される震災ボランティアの方の一助になれば・・・

震災に関して、義援金やチャリティーグッズの購入など、僕ができることをいろいろやっていますが、
「役務提供」がなかなかままならないので、なにかいい手はないかと考えて、LPS研究所のほうで、

「ボランティア活動費補助キャンペーン」

というのをやっています。

該当される方がいらっしゃったら、ぜひご活用ください(^^)

2011/04/26

効果を高めるための言葉の使い方

あるクライアントで、業務マニュアル作成のお手伝いをしています。

そのなかで、「ペナルティー項目」というのがあるんですが、担当者の方が作ってきたたたき台を拝見したときに、こんな書を見つけました。


『ペナルティー1:○○を指示通り行わなかった場合は、10%以下の減俸』


( ̄ー ̄?).....??アレ??
なんかピンときません

どうしてこういう書き方をしたのか聞いてみたところ

旅行で乗った飛行機に

  「タバコを吸ったら50万以下の罰金」

と書いてあったのを思い出したとのことでした。

確かにそうなんですが、でもあれは法律用語としての書き方で、僕は以前から「効果としてはどうかなぁ」と疑問を持っていたんです。


そこで、担当者と相談して、2つのパターンのペナルティー項目を作って、社員の方に「どっちのほうがビビるか(笑)」というアンケートをとってみました。

■パターン1は、先ほどの
「○○を指示通り行わなかった場合は、10%以下の減俸」


■パターン2は、
「○○を指示通り行わなかった場合は、最大10%の減俸」




結果は、同じ意味でも「パターン2」の方がやはり抑止力があることがわかりました。

「10%以下」と書くと、気持ち的になぜか余裕がでてきてしまうんです。
どこかで、「そうはならないだろう」という感じなんでしょうか。


反対に「その可能性があるぞ!」という印象を与えるのはパターン2のほうで、たとえば

「サマージャンボ宝くじ、1等前後賞あわせて最高2億円!」
 
というのがこちらの例です。

 
もしこれが、
「1等前後賞あわせて2億円以下!」

ってなったら、ダメですよね(笑)
ε-( ̄ヘ ̄)┌ 

2011/04/20

被害の想定における非論理性

原発の被害の想定について、東電の説明が始まったときから不思議に思っていました。

「複数の原発が同時に被害を受けて、全部の電源を喪失することは想定していなかった」

ということなんですが、

じゃ、自然災害において、1基だけ(あるいは数基だけ)が被害を受けるってのは、どういう状況なんだろう?
( ̄ー ̄?).....??アレ??

 

地震にしても津波にしても、あるいは台風などにしても、甚大な被害を及ぼす自然災害というのは、そんなにピンポイントには来ないですよねぇ~

論理的に考えれば、「自然災害による被害は局所的で済む可能性のほうが低い」はずなんですが・・・

 

現場をリアルに且つ論理的にイメージするっていうのは、リスクヘッジにおいてとても重要なんです。

2011/04/15

「経営コンビニ」というサイトは、その評判からして怪しくも面白い

昨年末DMが来たのを機に、「こういうビジネス、ってどうなんだろう」という調査を兼ねて加入してみました。
http://www.keiei.ne.jp

見ていただければわかりますが、いろんなコンサルティングのポータルサイトです。

ちなみに、年末キャンペーンということで初期費用は無料で、月額9800円を1年分(初回契約期間が1年なので)支払ってます。

検索エンジンで評判を見ると、どうも怪しい
(@ ̄_ ̄) ・・・・・

でも、サイトもうまく作ってあって、いかにもちゃんと機能していそうです。
自社の紹介も、自分でサイト上で作っていくのでなかなか面白いです。

ちなみに、当社はこんな感じにしてみました↓
http://www.keiei.ne.jp/dir/stageup/column/10051473.html

ここの収益源としては、
「初期費用」+「月額利用料」+「情報利用料」
です。

最後の「情報利用料」というのは、例えば経営コンビニをみた会員さんが資料請求等をしてきた場合、
当社に「資料請求がありました」
と連絡が来るのですが、資料請求者にアプローチする情報(住所、メールアドレス等)を知るために必要なのが、これです。

内容によって細かく価格が分かれています。

ですから、これがたくさん発生するようにしたほうが、「経営コンビニ」としてはありがたいわけです。

で、何が一番怪しいかというと、
この「資料請求がありました」の連絡が来るタイミングが、とっても怪しい(笑)

というのも、ある日に複数件数が同時に来るんです。
(ちなみに、今日の午前中に13件。ぜったいおかしい(笑))
Σ(='□'=)ウッソー!?

特別のキャンペーンなどをしない限り、そんなに連続で来るのはあり得ないですよねぇ^_^;

そんなこんなですが、当社にとってはいい研究材料となっています。
_〆ヾ( ̄(エ) ̄ フムフム・・・

ただし、みなさんにはお勧めしません m(__)m

2011/04/13

東北地方の野菜が人気です d( ̄◇ ̄)b♪

風評被害を受けている東北地方の野菜やお肉などですが、買いたくてもお店に並んでいないこともあり、それが却ってネットで販売量を押し上げているようです。

楽天などでは、特に生鮮食品で品切れが目立ちます。

w( ̄o ̄)w オオー!

風評被害はメディアが作り出しますが、そんなことに惑わされない賢い消費者と直接つながっているネット販売の強さが浮き彫りになりました。

逆に、風評をそのまま販売方針に当てはめてしまっている小売店は、短期的には売上の低下、長期的に消費者から信頼を失うことになりかねません。

「福島の野菜が危ないらしいから、店頭には並べない」
で、小売店が成り立ったのは、もう10年以上昔の話です。

2011/04/07

被災地で中小企業支援ができる専門家を募集しています

ある県の産業振興センターから、下記のようなメールが今日きました。

===抜粋===
現在、中小企業庁では東日本大震災の被災地において経営支援に対応で
...きる派遣相談員(事前登録手続き必要)を広く募集しております。
=======

依頼内容の詳細はこちらからダウンロードできるようにしておきました。
http://www.stageup.co.jp/download/information%202011_0406.pdf

登録用シートを見ると、いろんな分野での専門家が求められています。

例)
中小企業診断士、税理士、弁護士、司法書士、行政書士、社会保険労務士、経営士、販売士、中小企業組合士、ITコーディネーター、金融機関職員、商工会等OB、金融機関OB、企業OB、公設試OB、経営コンサルタント
...
取り急ぎ、僕もエントリーしておきました。

登録先のメールアドレスを不特定多数の人が見るブログでオープンにするのも、ちょっとどうかなか、とも思いましたので、登録をご希望の方は、僕(黒須靖史)まで、ご連絡ください。

登録用紙とアドレスをお知らせします(^^)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »