ここにもいます(^^)

執筆しているメルマガです

  • コンサルKUROSUの「超辛口就職指南」
    景気が悪いほど、会社で自分の力を発揮するチャンスなのです。 経営コンサルとしてだけではなく自分も一経営者として「会社はこういう人ならドンドン採用する」という人物像をお知らせしています。 タイトルどおり辛口ですが(笑)、就職転職を考えている方にはぜひ読んでいただきたいです。
  • 魂を磨く50の質問
    瞑想のインストラクションの際にお話している内容を、簡単な質問形式にしています。月一の発行なので、邪魔にならないと思います(笑)

クライアントの一部です

お勧めのブログです

僕の書いた本です

  • 黒須 靖史著: 会計と経営戦略

    黒須 靖史著: 会計と経営戦略
    主にSEの方を対象にした本です。 経営戦略の基本的な考え方と、その基礎となる会計の基礎知識を載せてあります。 「戦略的な情報システム」の構築を始めて担当する方にお勧めです。

  • 中小企業診断協会編: コンサルティング・コーチング

    中小企業診断協会編: コンサルティング・コーチング
    コンサルタント向けのコーチング本です。 コーチングの基本的な考え方とスキル、そして、コンサルティングでの活用方法などを載せてあります。 この手の本にしては珍しく重版を重ねており、現在5刷です。 (中小企業診断士の資格更新研修テキストにもなっています)

  • 中小企業診断協会∥編: 社内コーチング導入マニュアル

    中小企業診断協会∥編: 社内コーチング導入マニュアル
    「社内にコーチングを定着させる」ということが目的の本です。 「コーチングの研修をやったけど、社内で機能していない」という話をよく聞きますが、それは「社内定着化のプロセス」を行っていないからです。 本書では、コーチングの定着化に重点を置いているところが、他書にはない特徴です。

無料ブログはココログ

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010/10/29

そこに「客」は存在しない

秋田から羽田に戻りました。

その後、自由が丘に用事があったのでどうやって行こうかなと考えていたところ、ちょうどいいタイミングに合った二子玉川駅行のリムジンバスに初めて乗りました。

土地勘があるところなので、僕の予想としては、環状8号をまっすぐ北上し、246号を左折して、まあ30~40分程で着くだろうと思ってました。


ところが、なんと首都高へ入り、芝浦、芝公園、渋谷、用賀経由で環状8号へ降りて、二子玉川駅へ到着したのでした。
Haneda_nikotama

所要時間1時間20分
(゜ロ゜;)エェッ!?


当然、用事には遅刻 (-_-;ウーン

まぁ、確認して乗らなかった僕が悪いのですけれど。



しかし、あまりに「なんでそんな遠回りをするの???」と不思議だったので、降りる時に運転手さんに

「環状八号をまっすぐ行くより、首都高を通ったほうが早いんですか?」
と聞いてみました。

すると、道が空いていればその方が早いけれど、今日のように混んでたら間違いなく時間がかかるそうです。

リムジンバスというのは、時間の早いコースを選んで走るもんだと思ってたので、不思議そうな相槌をうったら、

「実は、僕らも環八を走りたいんですが、僕らの会社(京浜急行バス)が走ると、東急バスからクレームがくるんですよ。だから高速を使うしかないんです。」

羽田空港から二子玉川への道のりの大部分は、東急バスの管轄路線です。
そこを途中停車なしとはいえ他社の路線バスが走るのは東急としては気に入らないらしいのです。


羽田空港に関して、実は東急と京急は昔から確執があります。

電車の路線図を見ていただくとわかるのですが、羽田空港にアプローチする鉄道は京急と東京モノレールの2社です。
京急を使う場合、京急蒲田駅から「空港線」という路線に乗り換えて(最近は直通がほとんど)空港に向かいます。

ところが、京急蒲田駅は、JR&東急の蒲田駅から徒歩約10分、乗換駅として両駅はつながっていません。
ですから、大田区の北部や世田谷区、つまり東急電鉄のテリトリーから客には非常に不便なのです。

利用客としては、当然のことながら、「JR蒲田と京急蒲田を鉄道でつなげればいい」と思うわけですし、そういう話は何十年も前から上がっています。

しかし、京急としては、JR蒲田とつながったら、今、京急線で品川や川崎経由で空港を利用している客がすべて東急にとられる、という思惑から、地権者を巻き込んで直結案を拒み続けているらしいのです(大田区役所の知人に聞きました)

しかも、春のダイヤ改正で、京急は「京浜蒲田」に停車しない空港直通電車を大増発。これには、京急蒲田駅の立体工事に絡んでいる大田区も怒り心頭だそうです。

ですから、東急としては、そんな京急のために便宜を図ろう、という意識はないようです
( ̄(エ) ̄)y-゜゜゜


いずれにしても、困るのは利用客。

企業間の闘争はぜんぜん構いませんが、「顧客不在」はいけませんね~
(ーー;)

2010/10/22

いかにもスイングしそうなロッキングチェア

郡山の商工会議所で講演をしたときのことです。

会場のロビーにおいてあった、このロッキングチェア。イイカンジでした~。

F1000643 

揺れ具合も最高
(~ ̄∇)~ ( ̄∇ ̄) ~(∇ ̄~)

非売品でした、残念 (>.<)!!

2010/10/16

羽田の国際線拡大ももうすぐ!

今日、羽田へ行ったら国際線拡大のセレモニーを行っていました。

国際線ターミナルは、滑走路をはさんで国内線ターミナルの反対側にあるので、小さくですがラウンジから見えます。


セレモニーのためなのか、練習のためなのか、飛行機が3機キレイにならんでました。

F1000696

小さくてわかりづらいですが、左がANA、右がJAL、真ん中は最新機のA380、総2階建てです。


羽田からの海外路線が増えると、ほんとに便利になります
ヽ(゜▽゜*)乂(*゜▽゜)ノ バンザーイ♪


成田はやっぱり遠いし、交通のリスクを考えると、時間に余裕を持って出ないといけないし。。。

他の空港も含め、日本の空港政策はやっぱり変です
( ̄へ ̄|||) ウーム

2010/10/15

ポケモンジェットにみる、中途半端な企画の特徴

ANAが運行しているポケモンジェット、羽田などでたまに見かけるのですが、それを見るたびに「企画として中途半端だなぁ」と思うのです。

その最たるものが
「企画のターゲット(子供)に対して、『何を提供するのか』が不明確」

という点です。



ポケモンは子供にいまだに人気のキャラクターです。


ですから、子供にとって「ポケモンジェットに乗った!」はひとつの大きなステータスとなります。

僕が企画者だったら、そのステータスを最大化し、提供することを中心に考えると思うのですが・・・


そういう視点で見ると、次のようなNGポイントが見えてきます。

■搭乗予定を立てられない (+_+)
ANAに確認したところ、夏休み期間以外のポケモンジェットはいつ運行するか公表されていません。
というより、機材繰りの関係で当日朝にならないとANAでさえわからない、というのが現実です。
(夏休みにできるなら他の期間でもできるはず・・・( ̄へ ̄|||) ウーム)


これでは、事前に「ポケモンジェットに乗ろう」という計画を立てての旅行は不可能となります。

※黒須ならこうする
遅くとも3日前に「この便で運行する予定(確率表示つき)」をHPで公開する。
あるいは、上位ステータス会員に優先でお知らせする。
(あくまで確約ではなく、ゲーム感覚やチャンス感覚を高める)



■写真をとることができない (+_+)
ポケモンジェットはジャンボ機です。したがって、登機降機はボーディングゲートを使うことになります。

これでは、子供がポケモンジェットをバックに写真を撮る、という最大のイベントが不可能となります。

※黒須ならこうする
(場合によっては有料で)シャトルバスでの搭乗、あるいは写真撮影時間を設ける。
もちろん、ANAのスタッフ(機長の服装)と一緒に撮影。


■搭乗を証明するものがない (+_+)
搭乗証明書や機内でのオリジナルグッズ販売がないので、ホントに乗ったかどうかを証明する手段がありません。
(子供同士の場合、下手をすると嘘つき呼ばわりをされる可能性もあり危険!)

※黒須ならこうする
ポケモンジェットに乗った人だけが買えるグッズを月替りで用意。

結局、ターゲット志向が徹底できていないのは、社内都合によるわけなんですね。


企画についてのアドバイスを求められることも多いのですが、ダメな企画は「社内都合」を優先させてしまって、ポケモンジェットのようにターゲットのことが二の次になっている場合が多いのです(ーー;)

2010/10/07

本に書かれていることを、読み取れるかどうか

「いい本」の定義というのはいろいろありますが、ビジネスに役立てるために読む本の場合、

・ノウハウ等がわかりやすいこと
・具体的であること

は重要な要素だと思います。

書いてある内容はいいんだけれど、それを読み取るのに読者の「読み取る力」が求められる本は、あまりビジネス書としてはあまりよくないといえます。
(ま、よくない本がたくさんあるおかげで「読み取る力」が高まるのではありますが・・・^_^;)

しかしながら、「いい本」になるかどうかは筆者の力量というよりも「編集者の力量」に負うところが大きいものです。
これは、自分が執筆したり、出版のプロデュースをやった経験から言えます。




さて、仕事の関係で「女性の品格」という本を使うことになり、まずはAmazonでコメントを読んでみました。


そしたら・・・
評価の低いコメントがとても多いんです
(゜ロ゜;)エェッ!?


評価の内容についての紹介は避けますが、簡単に言ってしまうと、本に書いてあることをしっかりと読み取れていないからなんだろうなぁ、と思われます。

特に問題なのは、筆者の人格的な部分に触れて評価を下げているコメント。
例えば
「TV番組に出演している筆者を見ると、筆者自体が女性としての品格に欠けている」
という類のものです。


この筆者はたまたまメディアに登場することが多いので「知っているつもり」になる人が多いのでしょう。

しかしながら、そもそも読み手としては、本の内容と人格が一致しているかどうかということは別にして、「書いてあることの本質を読み取る、自分に役に立つ部分を読み取る」ことが大切なはず。

そういう意味で、ちゃんと本を読まない人が多いんだなぁ、とびっくりしてしまったわけです。
(まぁ、確かに、読者の気持ちを逆なでするような表現や世間ずれした自分の話が載っていますが、このあたりは編集者の力量の低さですね)

ちなみに、僕の知り合いの元K大学経済学部の教授は、年金問題や経済問題での著書があり、新聞社などから「本を書いてください」とよく頼まれる人ですが、この人は経済観念がおかしくて(笑)、カード会社のブラックリストに載ってます^_^;

だから、新規にカードを作ることはもちろん、オフィスなどの賃貸契約を自分名義ですること(保証人としても)ができません
( ̄(エ) ̄)y-゜゜゜

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »