ここにもいます(^^)

執筆しているメルマガです

  • コンサルKUROSUの「超辛口就職指南」
    景気が悪いほど、会社で自分の力を発揮するチャンスなのです。 経営コンサルとしてだけではなく自分も一経営者として「会社はこういう人ならドンドン採用する」という人物像をお知らせしています。 タイトルどおり辛口ですが(笑)、就職転職を考えている方にはぜひ読んでいただきたいです。
  • 魂を磨く50の質問
    瞑想のインストラクションの際にお話している内容を、簡単な質問形式にしています。月一の発行なので、邪魔にならないと思います(笑)

クライアントの一部です

お勧めのブログです

僕の書いた本です

  • 黒須 靖史著: 会計と経営戦略

    黒須 靖史著: 会計と経営戦略
    主にSEの方を対象にした本です。 経営戦略の基本的な考え方と、その基礎となる会計の基礎知識を載せてあります。 「戦略的な情報システム」の構築を始めて担当する方にお勧めです。

  • 中小企業診断協会編: コンサルティング・コーチング

    中小企業診断協会編: コンサルティング・コーチング
    コンサルタント向けのコーチング本です。 コーチングの基本的な考え方とスキル、そして、コンサルティングでの活用方法などを載せてあります。 この手の本にしては珍しく重版を重ねており、現在5刷です。 (中小企業診断士の資格更新研修テキストにもなっています)

  • 中小企業診断協会∥編: 社内コーチング導入マニュアル

    中小企業診断協会∥編: 社内コーチング導入マニュアル
    「社内にコーチングを定着させる」ということが目的の本です。 「コーチングの研修をやったけど、社内で機能していない」という話をよく聞きますが、それは「社内定着化のプロセス」を行っていないからです。 本書では、コーチングの定着化に重点を置いているところが、他書にはない特徴です。

無料ブログはココログ

« 起業目指して、奮闘中! | トップページ | 講演前のひとっ走り »

2010/09/13

今日の針は痛かった(+_+)

午前中、訪問先でのコンサル業務(今日はBCP作成の案件)が思ったより早く終わり、かつ、午後はアポ案件を入れていなかったので、献血に行ってきました。

昨夜寝不足だったので、血の濃さが足らないかなぁ、と思っていたのですが無事クリア(^^)v

し・か・し~~~

今日は血を抜く針が痛かった~(+_+)

刺すとき痛いのはわかるのですが、刺さっている間ずっと痛かったんです。
( ; ̄ω ̄)ゞイテテ・・・


でも、

「さ、さ、刺し直してください~!」

と頼んでも、これはきっと担当者の技量なので、ほかの人に代わってもらわない限りきっと同じだろうし、なおかつ抜き差しの回数が増えるので、そのまま痛みに耐えるほうを選択しました。



献血はビジネスではありませんが、やはり「サービス業」という視点で見ると、一番重要なのは「痛くない」ということだと思います。

いくら、ジュースが好きなだけ飲めても、おまけをたくさんくれても、肝心の部分がNGであれば、すべてが水の泡・・・

特にサービス業は人的要素が強く、しかも形に残らないので、管理が難しい。さらに「痛み」という感覚は直接提供者に伝えにくいものなので、品質向上が難しいものです。

なんてことを一生懸命考えて気を紛らわしながら、痛みをこらえていたのでした・・・
ε-(;ーωーA フゥ…ー



ちなみに、以前献血した際に看護婦さんから

「痛いのが好きな人もたまーにいるんですよ」

という話を聞いたことがあります。
(゜ロ゜;)エェッ!?


人間の多様性も、マーケティングには重要な要素です(笑)

« 起業目指して、奮闘中! | トップページ | 講演前のひとっ走り »

コメント

担当者の技量と言うより、単に血管と針の角度が悪かっただけだと思いますが。
どんな大病院の採血室行っても、「出ないんだねえー」と言われていると、もう、最初っから両腕ドーンと出して「出ないって言われてますので、3回まででお願いしまっす」と言ってしまいますよ。点滴し過ぎて手の甲まで使ってしまいました(*≧m≦*)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39411/49439270

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の針は痛かった(+_+) :

« 起業目指して、奮闘中! | トップページ | 講演前のひとっ走り »