ここにもいます(^^)

執筆しているメルマガです

  • コンサルKUROSUの「超辛口就職指南」
    景気が悪いほど、会社で自分の力を発揮するチャンスなのです。 経営コンサルとしてだけではなく自分も一経営者として「会社はこういう人ならドンドン採用する」という人物像をお知らせしています。 タイトルどおり辛口ですが(笑)、就職転職を考えている方にはぜひ読んでいただきたいです。
  • 魂を磨く50の質問
    瞑想のインストラクションの際にお話している内容を、簡単な質問形式にしています。月一の発行なので、邪魔にならないと思います(笑)

クライアントの一部です

お勧めのブログです

僕の書いた本です

  • 黒須 靖史著: 会計と経営戦略

    黒須 靖史著: 会計と経営戦略
    主にSEの方を対象にした本です。 経営戦略の基本的な考え方と、その基礎となる会計の基礎知識を載せてあります。 「戦略的な情報システム」の構築を始めて担当する方にお勧めです。

  • 中小企業診断協会編: コンサルティング・コーチング

    中小企業診断協会編: コンサルティング・コーチング
    コンサルタント向けのコーチング本です。 コーチングの基本的な考え方とスキル、そして、コンサルティングでの活用方法などを載せてあります。 この手の本にしては珍しく重版を重ねており、現在5刷です。 (中小企業診断士の資格更新研修テキストにもなっています)

  • 中小企業診断協会∥編: 社内コーチング導入マニュアル

    中小企業診断協会∥編: 社内コーチング導入マニュアル
    「社内にコーチングを定着させる」ということが目的の本です。 「コーチングの研修をやったけど、社内で機能していない」という話をよく聞きますが、それは「社内定着化のプロセス」を行っていないからです。 本書では、コーチングの定着化に重点を置いているところが、他書にはない特徴です。

無料ブログはココログ

« 就職難なのではなく、正しくは人材難 | トップページ | 節約家? 贅沢家? »

2010/01/02

年末年始の生番組でわかる芸人の本当の技量

この時期、コンサル仲間やクライアントの経営者などとの会話でよく出る話題は

「年末年始はほんとにTVがつまらない」ということ・・・

僕もまったくの同感です。
(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン

どうつまらないかというと、
「とにかくダラダラでメリハリのない生番組ばかり」
ということで意見が一致します。

何でこんなにつまらないのか考えてみたんですが、結局、生番組に出演している芸人の技量が足らないんだということでしょう(ーー;)

僕も何回かTVの収録をしたことがありますのでわかるんですが、収録は結構長い時間やります。それを編集でカットしまくって、面白いところだけをつなぎ合わせる(あるいは面白く見えるように「編集」する)わけです。

ですから、普段の録画番組は芸人の技量が低くても編集でカバーできるのですが、生番組だとそうは行きません。

どれだけ機転が利くか、その場にふさわしい笑いがとれるか、などスキルが高くなければ視聴者が満足する番組にはならないのです。

つまり、スキルの低い芸人が増えてきているから、番組がつまらないんですよね~

(ちなみに、寄席や演芸場なども生ですから、TVなら笑いの取れる芸人でもスキルが低いとぜんぜんウケません。ためしに観にいくとよくわかります)

そういえば・・・
僕らがやらせていただく講演や研修も「生番組」なわけで、「ダラダラだよね~」なんて言われないようにしないといけないですね^_^;

もちろん、お店などでの接客も「ナマ」なわけですから、やはりその場の対応術(接客スキル)というのはCSや売上に大きく影響するわけです。

« 就職難なのではなく、正しくは人材難 | トップページ | 節約家? 贅沢家? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39411/47176681

この記事へのトラックバック一覧です: 年末年始の生番組でわかる芸人の本当の技量:

« 就職難なのではなく、正しくは人材難 | トップページ | 節約家? 贅沢家? »