ここにもいます(^^)

執筆しているメルマガです

  • コンサルKUROSUの「超辛口就職指南」
    景気が悪いほど、会社で自分の力を発揮するチャンスなのです。 経営コンサルとしてだけではなく自分も一経営者として「会社はこういう人ならドンドン採用する」という人物像をお知らせしています。 タイトルどおり辛口ですが(笑)、就職転職を考えている方にはぜひ読んでいただきたいです。
  • 魂を磨く50の質問
    瞑想のインストラクションの際にお話している内容を、簡単な質問形式にしています。月一の発行なので、邪魔にならないと思います(笑)

クライアントの一部です

お勧めのブログです

僕の書いた本です

  • 黒須 靖史著: 会計と経営戦略

    黒須 靖史著: 会計と経営戦略
    主にSEの方を対象にした本です。 経営戦略の基本的な考え方と、その基礎となる会計の基礎知識を載せてあります。 「戦略的な情報システム」の構築を始めて担当する方にお勧めです。

  • 中小企業診断協会編: コンサルティング・コーチング

    中小企業診断協会編: コンサルティング・コーチング
    コンサルタント向けのコーチング本です。 コーチングの基本的な考え方とスキル、そして、コンサルティングでの活用方法などを載せてあります。 この手の本にしては珍しく重版を重ねており、現在5刷です。 (中小企業診断士の資格更新研修テキストにもなっています)

  • 中小企業診断協会∥編: 社内コーチング導入マニュアル

    中小企業診断協会∥編: 社内コーチング導入マニュアル
    「社内にコーチングを定着させる」ということが目的の本です。 「コーチングの研修をやったけど、社内で機能していない」という話をよく聞きますが、それは「社内定着化のプロセス」を行っていないからです。 本書では、コーチングの定着化に重点を置いているところが、他書にはない特徴です。

無料ブログはココログ

« 価値の高い携帯電話 | トップページ | こういう人が身近にいれば・・・ »

2009/10/13

講演前の未来予想

商工会議所や商工会で講演をするときというのは、開始時間の30~40分ぐらい前に到着するようにしています。

一通り準備を終えると、応接室などで所長さんや担当者の方とお茶を飲みながらお話をするのですが、先方がその地域の状況を話してくれることが多いです。

地方の場合、大体どこも地域経済状況は同じ(不景気、高齢化、大型店進出での地元商業者への打撃、公益事業の減少での建設業の業況悪化)なのですが、話のトーンとして次の2つのパターンに分かれます。

①状況が悪いことを嘆くだけで、他力本願的な愚痴 ε- ( ̄、 ̄A) フゥー

②状況を改善すべく、こういうことをやってみている、こんなチャレンジをしてみた、という熱い話 w( ̄o ̄)w オオー!

その地域の将来の様子が、これでわかります。


ちなみに、

①の場合は「早めに会場に入っておきたいので」と言って、そそくさとその場を立ち去ります (^_^)/~~~

②の場合は、参加者の皆さんにどんな状況を提供したらよいかを考える参考にもなるし、他の地域やクライアントへのよい情報にもなるので開始ギリギリまで(場合によっては終了後も)お話を伺いますφ(◎。◎‐)フムフムフム

« 価値の高い携帯電話 | トップページ | こういう人が身近にいれば・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39411/46478016

この記事へのトラックバック一覧です: 講演前の未来予想:

« 価値の高い携帯電話 | トップページ | こういう人が身近にいれば・・・ »