ここにもいます(^^)

執筆しているメルマガです

  • コンサルKUROSUの「超辛口就職指南」
    景気が悪いほど、会社で自分の力を発揮するチャンスなのです。 経営コンサルとしてだけではなく自分も一経営者として「会社はこういう人ならドンドン採用する」という人物像をお知らせしています。 タイトルどおり辛口ですが(笑)、就職転職を考えている方にはぜひ読んでいただきたいです。
  • 魂を磨く50の質問
    瞑想のインストラクションの際にお話している内容を、簡単な質問形式にしています。月一の発行なので、邪魔にならないと思います(笑)

クライアントの一部です

お勧めのブログです

僕の書いた本です

  • 黒須 靖史著: 会計と経営戦略

    黒須 靖史著: 会計と経営戦略
    主にSEの方を対象にした本です。 経営戦略の基本的な考え方と、その基礎となる会計の基礎知識を載せてあります。 「戦略的な情報システム」の構築を始めて担当する方にお勧めです。

  • 中小企業診断協会編: コンサルティング・コーチング

    中小企業診断協会編: コンサルティング・コーチング
    コンサルタント向けのコーチング本です。 コーチングの基本的な考え方とスキル、そして、コンサルティングでの活用方法などを載せてあります。 この手の本にしては珍しく重版を重ねており、現在5刷です。 (中小企業診断士の資格更新研修テキストにもなっています)

  • 中小企業診断協会∥編: 社内コーチング導入マニュアル

    中小企業診断協会∥編: 社内コーチング導入マニュアル
    「社内にコーチングを定着させる」ということが目的の本です。 「コーチングの研修をやったけど、社内で機能していない」という話をよく聞きますが、それは「社内定着化のプロセス」を行っていないからです。 本書では、コーチングの定着化に重点を置いているところが、他書にはない特徴です。

無料ブログはココログ

« 自動巻き腕時計考 | トップページ | 能力と待遇、あるいは評価とのバランス »

2009/06/12

携帯の文字入力方式を変えました

Keitai_keyboard
以前もお話したように、携帯の文字入力にはいつも苦労しています(+_+)


そこで、物は試しと、入力方式を「マルチタップ方式」から「2タッチ方式」に変えました。
基本的にはローマ字入力と同じで、例えば「くろす」なら

「21(く) 95(ろ) 33(す)」

と入力します。

まだちょっと戸惑いますが、でも、前よりも思考の速度ダウンが少なく感じています。

これは、多分、リズムの問題だと思います。

いままでの入力方法だと、
「かきく らりるれろ さしす」というように文字によってプッシュ回数が違っていたので、妙なリズムになりますが、2タッチ式なら入力がリズミカルになります。

プッシュする回数そのものも少なくて済むのでいるように感じます。
(「くろす」の場合、2タッチなら6回、マルチタップなら11回)

コンサルの習性としては、日本語で使われる50音それぞれの使用頻度を分析して、その数値を基に、どちらの入力方式のほうがプッシュ回数が少なく済むのかを調べたいところですが、ま、そこまでやらなくとも・・・^_^;

(ちなみにご存知の方も多いとは思いますが、パソコン等のキーボードの配列は、アルファベットもカナも使用頻度の多い文字が真ん中の列に並んでいます。)

でも・・・
やっぱり携帯メールは苦手です^_^;
(便利なんですけどね~~~)

« 自動巻き腕時計考 | トップページ | 能力と待遇、あるいは評価とのバランス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39411/45056271

この記事へのトラックバック一覧です: 携帯の文字入力方式を変えました:

« 自動巻き腕時計考 | トップページ | 能力と待遇、あるいは評価とのバランス »