ここにもいます(^^)

執筆しているメルマガです

  • コンサルKUROSUの「超辛口就職指南」
    景気が悪いほど、会社で自分の力を発揮するチャンスなのです。 経営コンサルとしてだけではなく自分も一経営者として「会社はこういう人ならドンドン採用する」という人物像をお知らせしています。 タイトルどおり辛口ですが(笑)、就職転職を考えている方にはぜひ読んでいただきたいです。
  • 魂を磨く50の質問
    瞑想のインストラクションの際にお話している内容を、簡単な質問形式にしています。月一の発行なので、邪魔にならないと思います(笑)

クライアントの一部です

お勧めのブログです

僕の書いた本です

  • 黒須 靖史著: 会計と経営戦略

    黒須 靖史著: 会計と経営戦略
    主にSEの方を対象にした本です。 経営戦略の基本的な考え方と、その基礎となる会計の基礎知識を載せてあります。 「戦略的な情報システム」の構築を始めて担当する方にお勧めです。

  • 中小企業診断協会編: コンサルティング・コーチング

    中小企業診断協会編: コンサルティング・コーチング
    コンサルタント向けのコーチング本です。 コーチングの基本的な考え方とスキル、そして、コンサルティングでの活用方法などを載せてあります。 この手の本にしては珍しく重版を重ねており、現在5刷です。 (中小企業診断士の資格更新研修テキストにもなっています)

  • 中小企業診断協会∥編: 社内コーチング導入マニュアル

    中小企業診断協会∥編: 社内コーチング導入マニュアル
    「社内にコーチングを定着させる」ということが目的の本です。 「コーチングの研修をやったけど、社内で機能していない」という話をよく聞きますが、それは「社内定着化のプロセス」を行っていないからです。 本書では、コーチングの定着化に重点を置いているところが、他書にはない特徴です。

無料ブログはココログ

« 「提供する存在」へスイッチを切り替える | トップページ | 評判の悪い出品者 »

2009/05/01

携帯の「Edy」と[id」

電子マネーが使えるコンビニが増えてきました。

僕のようなめんどくさがりには、小額のものを電子マネーで買えるのはとてもありがたいことです。
なにせ、プロセスの数も、各プロセス毎の手間も違います(笑)


①ズボンから小銭入れを出す
②小銭入れの中をのぞいて、お金を取り出す
(小銭が足らなければ札入れを出す、というプロセスも増加)
③渡す
④お釣りとレシートをもらう
⑤小銭入れに釣りをしまう
⑥レシートと小銭入れをポケットにしまう

【モバイル系電子マネーで買う場合】
①ズボンかカバンから携帯を出す
②端末にかざす
③レシートをもらう
④レシートと携帯をしまう

とうことで、結構使ってます(^^)v


ただ、最近複数の電子マネーが使える端末が増えてきて、一見便利になってきているんですが、困るのは「Edy」と「id」の発音が似てること。

文字で書くと「エディ」「アイディ」とわかりやすいのですが、人間は、言葉の全部を聞き取って判断しているのではなく、一部の音から推測して内容を判断しているので、語尾の「ディ」が一緒だと結構こんがらがるんです。

しかも、こちらはレジであんまり大きな声で「アイディでお願いします」とかいうのも気が引けるので、普通の声でしか言わないので、店員さんには「・・ディで」としか聞こえないらしく、よく間違われます。

幸い、僕の携帯にはどちらも入れてあるので、大丈夫なんですが、「id」はクレジットですから後払いなので必ず決済できるのですが、「Edy」はプリペイドなので残高不足で支払えないことが起こりえます。


なので、いつもEdyにはそれなりにチャージしておく小心者の僕なのでした
(”;)オドオド・・・

« 「提供する存在」へスイッチを切り替える | トップページ | 評判の悪い出品者 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39411/44523315

この記事へのトラックバック一覧です: 携帯の「Edy」と[id」:

« 「提供する存在」へスイッチを切り替える | トップページ | 評判の悪い出品者 »