ここにもいます(^^)

執筆しているメルマガです

  • コンサルKUROSUの「超辛口就職指南」
    景気が悪いほど、会社で自分の力を発揮するチャンスなのです。 経営コンサルとしてだけではなく自分も一経営者として「会社はこういう人ならドンドン採用する」という人物像をお知らせしています。 タイトルどおり辛口ですが(笑)、就職転職を考えている方にはぜひ読んでいただきたいです。
  • 魂を磨く50の質問
    瞑想のインストラクションの際にお話している内容を、簡単な質問形式にしています。月一の発行なので、邪魔にならないと思います(笑)

クライアントの一部です

お勧めのブログです

僕の書いた本です

  • 黒須 靖史著: 会計と経営戦略

    黒須 靖史著: 会計と経営戦略
    主にSEの方を対象にした本です。 経営戦略の基本的な考え方と、その基礎となる会計の基礎知識を載せてあります。 「戦略的な情報システム」の構築を始めて担当する方にお勧めです。

  • 中小企業診断協会編: コンサルティング・コーチング

    中小企業診断協会編: コンサルティング・コーチング
    コンサルタント向けのコーチング本です。 コーチングの基本的な考え方とスキル、そして、コンサルティングでの活用方法などを載せてあります。 この手の本にしては珍しく重版を重ねており、現在5刷です。 (中小企業診断士の資格更新研修テキストにもなっています)

  • 中小企業診断協会∥編: 社内コーチング導入マニュアル

    中小企業診断協会∥編: 社内コーチング導入マニュアル
    「社内にコーチングを定着させる」ということが目的の本です。 「コーチングの研修をやったけど、社内で機能していない」という話をよく聞きますが、それは「社内定着化のプロセス」を行っていないからです。 本書では、コーチングの定着化に重点を置いているところが、他書にはない特徴です。

無料ブログはココログ

« 定額給付金的値付け | トップページ | たしかにわかりやすいけど・・・ »

2009/03/06

携帯メール多用の影響に関する仮説

このところ、スーパーやコンビニのレジに並んでると、支払にやけに時間のかかる若い人をよく見かけるようになった気がします。

僕はそういうところではチャカチャカ動くタイプなので、
「おっそいな~~」と思いながら、「なーにやってるんだろ?」とチラッと覗いたりしちゃいます。
すると、とにかく動作が遅いケースが多いんです
なぜ ( ̄ー ̄?).....

昔もレジで支払の遅いお客さんというのはいましたが(僕もコンビニでバイトしてた経験もあるのでよく動きを見てました)、大抵は「段取り下手」なんですね。
つまり、動きそのものは早いんだけど、財布がカバンの奥とか、ポケットから小銭を出したら足らなくて札入れを探すとか・・・、で時間がかかっている人が多かったんです。

でも、最近は動きそのものが遅い・・・

ところで・・・
先日、本屋さんで本を買ったとき、自動的に袋に入ってきた(笑)パンフレットを何気にみてみたら「速聴なんちゃら」という商品の案内でした。
簡単に言うと、
「速いスピードで録音されたスピーチだかなんだかを聴くことで頭の回転が速くなるから、そのCDを買いなさいませ」
という広告だったんです。
(余談ですが、笑っちゃったのは、そのCD効果として購入者のアンケートで多かったのが「性格の改善」^_^;  どういう関連が・・・)

でも、確かに会議のでクライアントとのスピードの速い会話は頭がガンガン回るという感じがわかりますし、逆に携帯の留守電なんかにつながったときの
「ただいま留守にしています」
という応答音声は、僕には
「た~だ~い~ま~る~す~に~し~て~い~ま~す」
と聞こえ(わざとゆっくり話して通話料金を稼ごうという電話会社の魂胆と思います)、「わかったから早く早く!」と100回ぐらい心の中で唱えられるものです(笑)

さて、もうひとつこんなことも。
僕は携帯電話のメールを打つのがとても苦手です。
不器用、というのもあるんですが、打ってる指の動きがもどかしい!!
例えば、「ど」と打つのに6回もキーを押さなくちゃいけない。
うちの事務所の近くに「大岡山」という駅があるのですが、文字数の1/3の「おおお」と打つのに15回もキーを押すんです(*_*)
そんなわけで、思考の速度と文字入力の速度があまりにもかけ離れちゃうのでダメなんです。
どのくらい違うか、いま測ってみました(^^)v
①「大岡山」と頭で考えるときは1秒ぐらい
②パソコンのキーボードで打ってもやっぱり1秒ちょい
③ところが携帯で打つと8秒かかります(ノ゜⊿゜)ノびっくり!!
(僕の携帯メールの文書のめちゃくちゃさは、ここからきます。ご勘弁ください)

で、これらの話を統合してみると、こんな仮説が・・・


若い人たちは携帯メールを打つことが多い

いくら早く打てるとはいいっても、通常の思考速度に比べたら全然遅い

でも携帯メールばっかりやってると、思考の速度が、携帯メールで入力される字の速度と同じぐらいにスローダウンしちゃってる。

その結果、メールを打つときじゃなくても、思考が遅い

思考が遅ければ、動作も遅い

レジでの支払いに時間がかかる

こんなこと考えるのは、僕だけかな。
決して暇なわけじゃないんですけど^_^;

« 定額給付金的値付け | トップページ | たしかにわかりやすいけど・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39411/44227806

この記事へのトラックバック一覧です: 携帯メール多用の影響に関する仮説:

« 定額給付金的値付け | トップページ | たしかにわかりやすいけど・・・ »