ここにもいます(^^)

執筆しているメルマガです

  • コンサルKUROSUの「超辛口就職指南」
    景気が悪いほど、会社で自分の力を発揮するチャンスなのです。 経営コンサルとしてだけではなく自分も一経営者として「会社はこういう人ならドンドン採用する」という人物像をお知らせしています。 タイトルどおり辛口ですが(笑)、就職転職を考えている方にはぜひ読んでいただきたいです。
  • 魂を磨く50の質問
    瞑想のインストラクションの際にお話している内容を、簡単な質問形式にしています。月一の発行なので、邪魔にならないと思います(笑)

クライアントの一部です

お勧めのブログです

僕の書いた本です

  • 黒須 靖史著: 会計と経営戦略

    黒須 靖史著: 会計と経営戦略
    主にSEの方を対象にした本です。 経営戦略の基本的な考え方と、その基礎となる会計の基礎知識を載せてあります。 「戦略的な情報システム」の構築を始めて担当する方にお勧めです。

  • 中小企業診断協会編: コンサルティング・コーチング

    中小企業診断協会編: コンサルティング・コーチング
    コンサルタント向けのコーチング本です。 コーチングの基本的な考え方とスキル、そして、コンサルティングでの活用方法などを載せてあります。 この手の本にしては珍しく重版を重ねており、現在5刷です。 (中小企業診断士の資格更新研修テキストにもなっています)

  • 中小企業診断協会∥編: 社内コーチング導入マニュアル

    中小企業診断協会∥編: 社内コーチング導入マニュアル
    「社内にコーチングを定着させる」ということが目的の本です。 「コーチングの研修をやったけど、社内で機能していない」という話をよく聞きますが、それは「社内定着化のプロセス」を行っていないからです。 本書では、コーチングの定着化に重点を置いているところが、他書にはない特徴です。

無料ブログはココログ

« いつかはやりたい「3ジョウ研修」 | トップページ | 飛行機雲のとなりで »

2009/03/13

MECEで判断の正しさを高める

知人のFさん(40代後半〉が、長年勤めた会社を辞めて、ある任意団体αの専従者として働くことにしました。
僕はかなり反対したのですが・・・

なぜそれだけ反対したのかというと、
①Fさんはαに決めるに際して、αの事をMECEで調べていなかった
②MECEで分類されたそれぞれの項目の特徴を分析しないで、人生の一大事を決めてしまった
からです。

(ちなみにMECEとは簡単に言ってしまうと、「ある母集団をもれなくダブりなく分類する」ということです)

さて、このαは、一般消費者がビジネスの主な対象です。ですのでこのαについて得られる情報のリソースをMECEで分類してみると、このようになります。
Mece_image01_2


このなかで、FさんにとってZからの情報は必要ありません。
Yは案外重要な情数を提供してくれます。なぜなら「知っているのに関わらない」理由を分析するとその組織の社会的な存在意味がわかりやすいからです。

内部からの情報の特徴を考えてみると、

A:Fさんに対して、よい印象を与えるような情報にかたよる可能性が高い。←入社してほしいから

C:Fさんに対して、悪い印象を与えるような情報にかたよる可能性が高い。←入社してほしくないから

B:Fさんに対して、二ュートラルな情報を提供してくれる可能性が高い。←入社してもしなくても構わないから

このように整理すると、判断の正しさを高めるためにはどのように情報を活用すればよいかがわかりやすくなります。

僕のおすすめはこうです。

①まず、Bグループ、特にBのなかでも長年勤めているグループの情報を基本とする。
②そして、Aグループ、Cグループの情報を分析して対立している部分とその理由を推測する。
③最後に、αが実現しようとしていることと外部グループからの情報、およびBグループの情報から実現できていることと乖離していることを明確にし組織の特性や状態を推測する。


FさんはAグループ、特にAでも一番入社でメリットを享受している人の情報を中心にし、さらに他のすベてのグループからの情報を十分には得ず&特徴を鑑みないで決めてしまったのです。

しかも、ちゃんとした雇用契約も結んでないし(業務受託契約さえも)、当然社会保険も何にもついてないんですよ。

Fさんの人生、大丈夫かな~(*_*)
でもね、もう十分に大人ですから、どんな結果でも自己責任ですよね

« いつかはやりたい「3ジョウ研修」 | トップページ | 飛行機雲のとなりで »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39411/44307677

この記事へのトラックバック一覧です: MECEで判断の正しさを高める:

« いつかはやりたい「3ジョウ研修」 | トップページ | 飛行機雲のとなりで »