ここにもいます(^^)

執筆しているメルマガです

  • コンサルKUROSUの「超辛口就職指南」
    景気が悪いほど、会社で自分の力を発揮するチャンスなのです。 経営コンサルとしてだけではなく自分も一経営者として「会社はこういう人ならドンドン採用する」という人物像をお知らせしています。 タイトルどおり辛口ですが(笑)、就職転職を考えている方にはぜひ読んでいただきたいです。
  • 魂を磨く50の質問
    瞑想のインストラクションの際にお話している内容を、簡単な質問形式にしています。月一の発行なので、邪魔にならないと思います(笑)

クライアントの一部です

お勧めのブログです

僕の書いた本です

  • 黒須 靖史著: 会計と経営戦略

    黒須 靖史著: 会計と経営戦略
    主にSEの方を対象にした本です。 経営戦略の基本的な考え方と、その基礎となる会計の基礎知識を載せてあります。 「戦略的な情報システム」の構築を始めて担当する方にお勧めです。

  • 中小企業診断協会編: コンサルティング・コーチング

    中小企業診断協会編: コンサルティング・コーチング
    コンサルタント向けのコーチング本です。 コーチングの基本的な考え方とスキル、そして、コンサルティングでの活用方法などを載せてあります。 この手の本にしては珍しく重版を重ねており、現在5刷です。 (中小企業診断士の資格更新研修テキストにもなっています)

  • 中小企業診断協会∥編: 社内コーチング導入マニュアル

    中小企業診断協会∥編: 社内コーチング導入マニュアル
    「社内にコーチングを定着させる」ということが目的の本です。 「コーチングの研修をやったけど、社内で機能していない」という話をよく聞きますが、それは「社内定着化のプロセス」を行っていないからです。 本書では、コーチングの定着化に重点を置いているところが、他書にはない特徴です。

無料ブログはココログ

« 研修の効果性を左右するもの | トップページ | やればできる、ってことは・・・ »

2009/01/26

「お」がつくかどうか

急ぎの原稿3本+1本を仕上げて、タバコを吸いながら、ぽけ~っとしています
(o ̄∇ ̄o)y-~~ ウ、ウマイ・・・


先日、知り合いのマナー研修の講師の人に敬語の使い方の一覧表を見せてもらいました。
「お」をつけるものと、つけないものの違いって、結構面白かったです。

ガラムの甘い煙とともにそんなこと思い出しながら、今、面白いことに気づきました。
「部屋の呼び名」は、「お」をつける場所とつけない場所があるんですねぇ。

分類してみると

A:一般的に「お」をつけることがある場所
・手洗い、トイレ、便所
・台所
・風呂場

B:一般的に「お」をつけることがない場所
・居間
・勉強部屋
・書斎
・寝室
・屋根裏部屋
・玄関
・廊下
・食堂

この違いは何だろう、と帰納法的(笑)に考えてみて結論したのが
「その部屋についている『装置』を使用するための部屋には、『お』がつく」
ということです。


どうでしょう?
( ̄へ ̄|||) ウーム
もう少し考えてみようっと


p.s.
こんなことでもルールを考えてしまうのは、コンサルの職業病?・・・(笑)

« 研修の効果性を左右するもの | トップページ | やればできる、ってことは・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39411/43858699

この記事へのトラックバック一覧です: 「お」がつくかどうか:

« 研修の効果性を左右するもの | トップページ | やればできる、ってことは・・・ »