ここにもいます(^^)

執筆しているメルマガです

  • コンサルKUROSUの「超辛口就職指南」
    景気が悪いほど、会社で自分の力を発揮するチャンスなのです。 経営コンサルとしてだけではなく自分も一経営者として「会社はこういう人ならドンドン採用する」という人物像をお知らせしています。 タイトルどおり辛口ですが(笑)、就職転職を考えている方にはぜひ読んでいただきたいです。
  • 魂を磨く50の質問
    瞑想のインストラクションの際にお話している内容を、簡単な質問形式にしています。月一の発行なので、邪魔にならないと思います(笑)

クライアントの一部です

お勧めのブログです

僕の書いた本です

  • 黒須 靖史著: 会計と経営戦略

    黒須 靖史著: 会計と経営戦略
    主にSEの方を対象にした本です。 経営戦略の基本的な考え方と、その基礎となる会計の基礎知識を載せてあります。 「戦略的な情報システム」の構築を始めて担当する方にお勧めです。

  • 中小企業診断協会編: コンサルティング・コーチング

    中小企業診断協会編: コンサルティング・コーチング
    コンサルタント向けのコーチング本です。 コーチングの基本的な考え方とスキル、そして、コンサルティングでの活用方法などを載せてあります。 この手の本にしては珍しく重版を重ねており、現在5刷です。 (中小企業診断士の資格更新研修テキストにもなっています)

  • 中小企業診断協会∥編: 社内コーチング導入マニュアル

    中小企業診断協会∥編: 社内コーチング導入マニュアル
    「社内にコーチングを定着させる」ということが目的の本です。 「コーチングの研修をやったけど、社内で機能していない」という話をよく聞きますが、それは「社内定着化のプロセス」を行っていないからです。 本書では、コーチングの定着化に重点を置いているところが、他書にはない特徴です。

無料ブログはココログ

« 習慣は急には変えられない | トップページ | 「お」がつくかどうか »

2009/01/25

研修の効果性を左右するもの

コンサルティングで使うノウ八ウや現場経験などを体系化すると、IT関係からロジカルシンキング、問題解決、人材育成、健康管理など、かなりいろいろなテーマを研修としてご提供することができます。
ですからいろいろな企業さんから多種多様な研修のご依頼をいただきます。

なかには主催者から直接受注するのではなく、研修企画会社さんを通してご依頼をいただくことがありますが、そういうときに、研修会社の担当者さんが、どれだけその研修に入れ込んでいるかで、随分と研修の濃さとか効果性が変わってきます。

というのも、研修会社さんが入ると、基本的には僕は主催者ではなく、研修会社の担当者さんと打ち合わせなどをすることになります。研修を単に商品として扱っている担当者さんだと、打ち合わせは、軽ーいんですよね。なにせ、もう受注しちゃってますから、あとは実施するだけで、そこで大失敗がなければOKです、って感じなんです。そうなると、こっちもちょっと白けてしまいます(幸い、僕がお付き合いいただいているところはそういう担当者の方はあまりいません)。また、主催者側がとても熱心だとしても、担当者のところで、それがシャットアウトされてしまって、僕のところまで届いてこず、残念な結果になるケースもあるのです。

しかし、「その研修を受講者のためにも主催者のためにも絶対に素晴らしいものにする!」という意気込みのある担当者だと、打ち合わせもたくさんやりますし、コチラにリクエストをいっぱいしてくれます。もちろん、こちらからの無理なリクエストもいやな顔ひとつせず、引き受けてくれます。また、研修当日のアシストもとても素晴らしく、おかげで僕は講師としての行動に集中できるのです。
そういう時は、受講生の皆さんにとってほんとに素晴らしい研修ができて、、、とってもシアワセです(^^♪

先日、1泊2日で、ある企業グループの若手リーダーを育成する研修を行ってきました。その研修は、主催者の方も、企画会社の担当者の方も、心から「若いリーダーを育てたい!!」という熱意に燃えている方たちで、おかげさまでとてもよい研修となりました。
カーレースに例えると、観客が受講生、講師は受講生を満足させるドライバーではありますが、いい結果がでるのは、ピットクルーや各スタッフの力があればこそ、なわけです。

こういうすばらしい熱意をもった方たちと仕事ができることに、心から感謝しています。
Kさん、Oさん、ありがとうございました! 次回もまた、よろしくお願いいたします~(^^♪

« 習慣は急には変えられない | トップページ | 「お」がつくかどうか »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39411/43826086

この記事へのトラックバック一覧です: 研修の効果性を左右するもの:

« 習慣は急には変えられない | トップページ | 「お」がつくかどうか »