ここにもいます(^^)

執筆しているメルマガです

  • コンサルKUROSUの「超辛口就職指南」
    景気が悪いほど、会社で自分の力を発揮するチャンスなのです。 経営コンサルとしてだけではなく自分も一経営者として「会社はこういう人ならドンドン採用する」という人物像をお知らせしています。 タイトルどおり辛口ですが(笑)、就職転職を考えている方にはぜひ読んでいただきたいです。
  • 魂を磨く50の質問
    瞑想のインストラクションの際にお話している内容を、簡単な質問形式にしています。月一の発行なので、邪魔にならないと思います(笑)

クライアントの一部です

お勧めのブログです

僕の書いた本です

  • 黒須 靖史著: 会計と経営戦略

    黒須 靖史著: 会計と経営戦略
    主にSEの方を対象にした本です。 経営戦略の基本的な考え方と、その基礎となる会計の基礎知識を載せてあります。 「戦略的な情報システム」の構築を始めて担当する方にお勧めです。

  • 中小企業診断協会編: コンサルティング・コーチング

    中小企業診断協会編: コンサルティング・コーチング
    コンサルタント向けのコーチング本です。 コーチングの基本的な考え方とスキル、そして、コンサルティングでの活用方法などを載せてあります。 この手の本にしては珍しく重版を重ねており、現在5刷です。 (中小企業診断士の資格更新研修テキストにもなっています)

  • 中小企業診断協会∥編: 社内コーチング導入マニュアル

    中小企業診断協会∥編: 社内コーチング導入マニュアル
    「社内にコーチングを定着させる」ということが目的の本です。 「コーチングの研修をやったけど、社内で機能していない」という話をよく聞きますが、それは「社内定着化のプロセス」を行っていないからです。 本書では、コーチングの定着化に重点を置いているところが、他書にはない特徴です。

無料ブログはココログ

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008/12/31

一年で一番手書きで文字を書く日

それは年もおしつまった12月30日、大晦日前夜です。
だいたいいつでもそうなのですが、年末の仕事をすべて終えて年賀状を書く時間が取れるのが、この日です。

年賀状の基本的な文面は印刷してありますが、やはり一言二言のメッセージは書きたくなります。

20081231001615_2
そんなわけで、何時間かずっと書きっぱなし・・・φ(^^)

年に一度、手の甲が攣りそうになる日が来ると、今年もいよいよ終わりだなぁ、と思うのでした。

来年も皆さんにとって素晴らしい年でありますことを。
そして、心の豊かな経営者がもっともっと増えますことを。


本年もありがとうございましたm(__)m


2008/12/24

CS放送の契約をしてみたら・・・

TVを観る時間がなかなか取れない(取らない)ので、いままでしていなかったんですが、実家が契約する関係で一緒に契約してみました。

いや~、ホントにたくさんの番組があって、どれを契約するか選ぶのに困ってしまったのですが、最終的に「ディスカバリーチャンネル」というのにしました。

そしたら、これがオモシロイヽ(^◇^*)/

僕の興味のある分野の番組をたくさんやっていて、録画機がパンパンです(^_^;)
全部観ることは出来るんだろうか・・・
( ̄ー ̄?).....


2008/12/19

失業対策

失業対策について、いろいろと策がでていますが、どうも肝心な点が抜けていると感じています。

それは、

「雇用者の視点」

です。

雇う側が「雇いやすい環境」を作らなければ、雇用は伸びません。
これは企業の経営者と話している実感ですし、自分自身経営者としてもそう思います。

労働者の権利や保護ばかりが強くなったら、経営者は「雇用」を敬遠してしまいます。
極端な話、「雇ったら最後、どんなに無能でも給料や社会保険料を払い続けなければならない」、となったら、雇うのが怖いですよね。

特に中小企業は、余分な人件費を負担する体力はありませんから、なおさらです。

だからといって、「解雇しやすい環境を作れ」といっているわけではありません。
不当な解雇は、雇用者と労働者の信頼関係を揺るがしてしまうものであり、(日本全体として)優良な労働力を失ってしまう可能性を高めてしまいます。

いずれにしても、もっと本質的な議論をしてほしいなぁ、と思います。

2008/12/15

好感度が高いお店

事務所の近くに、小さなインド料理店があります。
従業員の方、全員がインド人です。

このお店、注文をとるときだけでなく、注文を厨房に伝えるときも、その他の従業員同士の雑談も、基本的に日本語です(^^)v
これ、とっても安心なんですよね。外国語で従業員同士が会話をしていると、どんな話をしているのかわからなくて、不安なものです。たぶん、このお店のオーナーはそれがわかっているんでしょうねぇ。

さて、これに対して・・・
ちょっと気取った、イタリア料理店。スタッフは全員日本人。
注文を厨房に伝えるときは「ウノ、~~、ペルファボーレ~!」とイタリア語で言いますが、それ以外は全部日本語。ためしにスタッフにイタリア語で話しかけると、まったくわからず照れ笑いしてます(笑)
なんだかな~、です^_^;

そのインド料理店、小さいながら好感度の高いお店です。

2008/12/11

刺激的なランチ

かれこれ10年ぐらい前からの知人で、和太鼓の教室と演奏グループを率いている小林政孝さん(未来太鼓グループ、梵天)という方がいます。

20081211141602
今日は、小林さんと渋谷でランチ ((o(^∇^)o))わくわく

小林さんの太鼓の生徒さんである坂井シェフ(フレンチの達人、ですね)のお店で、街を眺めながらゆったりと美味しいフレンチを頂きました~

小林さんは、某旅行代理店の営業マンでしたが、成績超優秀なのに和太鼓を生活の中心にするために退職した異色の演奏家です。でも、それだけに、演奏者としての顔だけではなく経営者や企画マンとしての顔もあります。
ですから、話しがとても面白い。いろんなことを、ドンドン実現してゆきます。
演奏家としてはもちろん、経営者としても素晴らしい方で、とても刺激を受けます。


来年はニューヨークのコーネル大学のホールで演奏を行うとのこと。

面白かったのは、
「コンサートホールを借りるのに、条件の中に『主催者が耳栓を用意すること』というのがあったんですよ。太鼓は音が大きすぎるから、観客が耳を傷めたら訴えられるからみたいです(笑)」
というお話し。そのほかにも、いろいろと・・・

よし、僕も頑張ろうっと!
ガンバ!o( ̄へ ̄o)(o ̄へ ̄)oガンバ!

2008/12/10

TODOMARI(留まり)

赤坂でクライアントと夕食をとったあと別れ、JRに乗るために新橋へ向かいました。

タクシーを降りて、駅に向かって汽車ぽっぽの前を通りかかったら喫煙場所があって、タバコを吸うことに。


20081210224759
その横には、20代後半と思われるオニーチャンが、ギターを弾いて歌っています。
何気なく歌を聴きながら、タバコを吸い終えた頃に、オニーチャンが声をかけてきて

「一曲、リクエストドウですか、ゼヒ!」

と曲目リストを渡すので、「じゃ、これ」て頼んだら、「じゃ、お金こちらにお願いします」って(笑)

「なんだ、流しか(笑)」と思いましたが、

「いや、店を流してないもんなぁ、ここにずっといるんだから

『留まりTODOMAEI』 だな」

と命名した次第です
(* ̄▽ ̄*)ノ"


2008/12/06

農商工セミナーに参加してきました(^^)v

昨年、経営革新塾の講師をやらせていただいた青森県の七戸町で、農商工セミナーを開催しているということで、商工会の工藤さんに無理を言って1日だけ参加させていただきました。

雪がガンガン降り始め、セミナー会場の外は見る見るうちに雪景色へ。
それでも会場は熱心な受講者と情熱いっぱいの講師で、盛り上がっています。

このセミナーの講師は株式会社キースタッフの鳥巣先生、商業と農業を連携させるプロフェッショナルです。

さて、そもそもなぜこのようなテーマのセミナーに参加したかというと、「農業に参入する」ということがいま僕の中での1つの大きなコンサルティングテーマになっています。

その理由は、たくさんありますが、主なものは「日本は食を確保しないと人も生活も産業も弱くなる」と考えているからなんです。
詳しい話は、また何かの機会にするとして・・・

普段はなかなか聞けない、貴重な話をいろいろと聴くことができました。
交通費等(約5万円)、もちろん自腹ですが、やはり必要な情報は時間とコストをかけてでも取りに行く必要がありますね。

参加者の中には、昨年僕の講座にでてくれた人たちもいて、楽しかったです。
みんな元気そうでよかった~(^^)

レンタカーでの移動でしたので、行き返りは道端にある温泉(銭湯)に浸かったりして、充実した日帰り出張でした~。

20081206113422
でも・・・
寒かった~~(>.<)

2008/12/05

感動の朝ゴハン

ある企業グループのリーダー育成研修を1泊2日で行いました。

1日目の夜、グループのいろんな会社から来ている若いリーダーの面々が、お互いの仕事の状況や悩み、これからの夢などについて熱く語りあい、とても素晴らしいコミュニケーションがとれました
)^o^(

し・か・し・・・
親睦会の3次会が終わったのは1時半頃。僕もその時間までみんなと一緒にいました。
翌日は9時スタート(^_^;)

お酒に弱い僕は結構ヘロヘロでしたが、
部屋に戻って、シャワーを浴びて翌日の準備をして・・・、ベッドに入ったのは3時過ぎ。

朝は、「朝食よりも睡眠!!」と決め込んで、ギリギリまで眠っていました(_ _).oO


さて、
予定通り講座が始まり、受講生の皆さんも、眠い目をこすりながら頑張って起きてます(笑)

「1回目の休憩、早めに取ってあげよう」と思い、少し早め&長めの休憩にしました。

そうしたら、事務局の方が
「先生、朝食召し上がっていないでしょう。さっきコンビニでパンを買ってきたので、よかったら控え室で召し上がってください(^^)」
と・・・

おぉ~~~~~!!
なんと感動的な朝ゴハンなことでしょう\(◎o◎)/
しかも、僕の大好きなクロワッサン
ヾ(〃^∇^)ノわぁい♪

いや、ほんとにびっくり&感謝です!!
もちろん、ありがたく全部いただきました
ご馳走様でしたm(__)m


p.s.
でも、食べた後、ちょっと眠くなっちゃっいました・・・(^_^;)

2008/12/02

懐かしい出会い

JALは、故障やらミスやら社内抗争やらの一連の不祥事の後、社内のモチベーションアップと顧客へのイメージアップのために「JALの今をお伝えします」というプロモーションビデオを、飛行機が到着してドアが開く頃に機内で流しています(押し付けがましくならないようにとの配慮だそうです)
今、流れているシリーズは「運行データをいかに操縦等の向上に役立てているか」というもの。
先日、何気なくそれを見ていたら、登場する人物が小学校の頃に仲のよかった友達に似ている・・・( ・◇・)?(・◇・ )
でも、髪の毛がシルバーグレーで、ちょっと僕よりも年上の感じ。「でも、あいつは兄貴はいなかったよなぁ」と、思っているうちに降機してしまいました。
次に見たとき、名前が出てたので、そしたら同姓同名、同じ感じ( ̄0 ̄)/ オォー!!
でも、やっぱり貫禄がある(笑)
その後も何回か見て、「やっぱり似てるなぁ、あいつじゃなかろうか」と確信が強まってきました。
そこで、JALの友人に「こうこうこういうわけだけど、その人のプロフィールなんかわかるかな」と聞いてみたら、
「社員番号からして、多分同じ入社年だと思う(=同じ年代)」と返事が。

うん、多分、あいつだ~
ヾ(〃^∇^)ノわぁい♪

ずっと連絡が取れなくなっていたので、うれしいです。
(でも、まだ連絡先はわからないのですが、元気でとてもいい仕事してるのがわかってウレシイ)

こういうことって、あるんですね~~(^^)

p.s.
そのビデオはココです↓
http://www.jal.com/ja/ima/torikumi_15/

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »