ここにもいます(^^)

執筆しているメルマガです

  • コンサルKUROSUの「超辛口就職指南」
    景気が悪いほど、会社で自分の力を発揮するチャンスなのです。 経営コンサルとしてだけではなく自分も一経営者として「会社はこういう人ならドンドン採用する」という人物像をお知らせしています。 タイトルどおり辛口ですが(笑)、就職転職を考えている方にはぜひ読んでいただきたいです。
  • 魂を磨く50の質問
    瞑想のインストラクションの際にお話している内容を、簡単な質問形式にしています。月一の発行なので、邪魔にならないと思います(笑)

クライアントの一部です

お勧めのブログです

僕の書いた本です

  • 黒須 靖史著: 会計と経営戦略

    黒須 靖史著: 会計と経営戦略
    主にSEの方を対象にした本です。 経営戦略の基本的な考え方と、その基礎となる会計の基礎知識を載せてあります。 「戦略的な情報システム」の構築を始めて担当する方にお勧めです。

  • 中小企業診断協会編: コンサルティング・コーチング

    中小企業診断協会編: コンサルティング・コーチング
    コンサルタント向けのコーチング本です。 コーチングの基本的な考え方とスキル、そして、コンサルティングでの活用方法などを載せてあります。 この手の本にしては珍しく重版を重ねており、現在5刷です。 (中小企業診断士の資格更新研修テキストにもなっています)

  • 中小企業診断協会∥編: 社内コーチング導入マニュアル

    中小企業診断協会∥編: 社内コーチング導入マニュアル
    「社内にコーチングを定着させる」ということが目的の本です。 「コーチングの研修をやったけど、社内で機能していない」という話をよく聞きますが、それは「社内定着化のプロセス」を行っていないからです。 本書では、コーチングの定着化に重点を置いているところが、他書にはない特徴です。

無料ブログはココログ

« オンラインショッピングモール、それぞれ | トップページ | 企業における人間教育の重要性 »

2008/09/04

ほどよい堅さの会議

昨日と今日、両極端な会議に出ました。

昨日は、ある団体の幹部会議なのですが、組織運営についての素人が単に集まっただけの、何も決まらずいろいろなことが曖昧なまま、トップが「そろそろ移動しないといけないから」と終わってしまう会議、今日は組織運営のプロがセオリー通りに進めて議事がスムースに進行し曖昧な部分が何もない状態で予定時間より早く終わる会議。

当然、今日の会議の方がすばらしいわけですが、昨日の会議といろいろ比較しながら、どういう点が素晴らしいのか考えてみました。

たくさんあるのですが、結構重要なのは「適度な堅さ」ということなんです。
今日の会議は、下手をすれば、形式にとらわれすぎて上辺の議論だけで終わってしまう可能性があるものでした。
それを主催者が、上手に崩し、でも崩れすぎないようにコントロールする事で大変有意義な議論ができたわけです。

考えてみると、業績の良いクライアントは、この「適度な堅さ」の会議をしていることが多いですねぇ。

みなさんの会社の会議はいかがですか(^^)?

« オンラインショッピングモール、それぞれ | トップページ | 企業における人間教育の重要性 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39411/42380649

この記事へのトラックバック一覧です: ほどよい堅さの会議:

« オンラインショッピングモール、それぞれ | トップページ | 企業における人間教育の重要性 »