ここにもいます(^^)

執筆しているメルマガです

  • コンサルKUROSUの「超辛口就職指南」
    景気が悪いほど、会社で自分の力を発揮するチャンスなのです。 経営コンサルとしてだけではなく自分も一経営者として「会社はこういう人ならドンドン採用する」という人物像をお知らせしています。 タイトルどおり辛口ですが(笑)、就職転職を考えている方にはぜひ読んでいただきたいです。
  • 魂を磨く50の質問
    瞑想のインストラクションの際にお話している内容を、簡単な質問形式にしています。月一の発行なので、邪魔にならないと思います(笑)

クライアントの一部です

お勧めのブログです

僕の書いた本です

  • 黒須 靖史著: 会計と経営戦略

    黒須 靖史著: 会計と経営戦略
    主にSEの方を対象にした本です。 経営戦略の基本的な考え方と、その基礎となる会計の基礎知識を載せてあります。 「戦略的な情報システム」の構築を始めて担当する方にお勧めです。

  • 中小企業診断協会編: コンサルティング・コーチング

    中小企業診断協会編: コンサルティング・コーチング
    コンサルタント向けのコーチング本です。 コーチングの基本的な考え方とスキル、そして、コンサルティングでの活用方法などを載せてあります。 この手の本にしては珍しく重版を重ねており、現在5刷です。 (中小企業診断士の資格更新研修テキストにもなっています)

  • 中小企業診断協会∥編: 社内コーチング導入マニュアル

    中小企業診断協会∥編: 社内コーチング導入マニュアル
    「社内にコーチングを定着させる」ということが目的の本です。 「コーチングの研修をやったけど、社内で機能していない」という話をよく聞きますが、それは「社内定着化のプロセス」を行っていないからです。 本書では、コーチングの定着化に重点を置いているところが、他書にはない特徴です。

無料ブログはココログ

« すごい映画でした~ ♪⌒ヽ(*゜O゜)ノ !!! | トップページ | ヘアサロンのC/P感 »

2008/07/07

ありそうで、ナイ表示板

この春からメタボ検診が義務づけられました。

国としては医療費のトータル的な負担減につながるという思惑もあるでしょうが、個人の生活レベルで観ても健康面により意識するようになるので、よいことだなぁ、と思っています。

健康管理士という立場からしても、この手の話のきっかけが作りやすくなりました。

さて、メタボの二大対策は食事改善と運動量増加です。

さて、その運動量の増加ですが、当然のことながら継続することが重要です。
継続するためのポイントは

「新たな運動時間を作るのではなく、いまの生活リズムにできるだけ変化を与えないで運動量を増やす」

ということです。つまり「運動不足だからスポーツジムへ行こう」「毎朝走ろう」は続かない可能性が高いので、ダメなんですね。皆さんも経験ありませんか? 僕は思いっきり、あります(笑)。

そこで都心部にお勤めの方にお勧めなのは「電車に乗ったときは立ってつま先立ち」と「必ず階段を使う」という運動量増加策です。特に階段はかなりの運動になります。


さて、先日新しくできたあるショッピングビルへ行って、はたと気づきました。

ぼくも人に勧めるからには、前述の二つを励行していて、ですから基本的には階段を使います。
そのショッピングモールでも階段を使おうと思ったら、なかなか見つからない! 非常階段は見つかるんですが、そうではない普通に使う階段が見つからないんです。

考えてみると、ビルなどの建物にはエレベーターやエスカレーターの案内板はあっても、「階段」の案内って、ナイですよねぇ。。。

Stairs

ぜひ、この階段マークをたくさんの建物につけて欲しいものです。

c.f.
こういった標準のサインは、このサイト↓にあります。
http://www.ecomo.or.jp/barrierfree/pictogram/picto_top.html

« すごい映画でした~ ♪⌒ヽ(*゜O゜)ノ !!! | トップページ | ヘアサロンのC/P感 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39411/41950546

この記事へのトラックバック一覧です: ありそうで、ナイ表示板:

« すごい映画でした~ ♪⌒ヽ(*゜O゜)ノ !!! | トップページ | ヘアサロンのC/P感 »