ここにもいます(^^)

執筆しているメルマガです

  • コンサルKUROSUの「超辛口就職指南」
    景気が悪いほど、会社で自分の力を発揮するチャンスなのです。 経営コンサルとしてだけではなく自分も一経営者として「会社はこういう人ならドンドン採用する」という人物像をお知らせしています。 タイトルどおり辛口ですが(笑)、就職転職を考えている方にはぜひ読んでいただきたいです。
  • 魂を磨く50の質問
    瞑想のインストラクションの際にお話している内容を、簡単な質問形式にしています。月一の発行なので、邪魔にならないと思います(笑)

クライアントの一部です

お勧めのブログです

僕の書いた本です

  • 黒須 靖史著: 会計と経営戦略

    黒須 靖史著: 会計と経営戦略
    主にSEの方を対象にした本です。 経営戦略の基本的な考え方と、その基礎となる会計の基礎知識を載せてあります。 「戦略的な情報システム」の構築を始めて担当する方にお勧めです。

  • 中小企業診断協会編: コンサルティング・コーチング

    中小企業診断協会編: コンサルティング・コーチング
    コンサルタント向けのコーチング本です。 コーチングの基本的な考え方とスキル、そして、コンサルティングでの活用方法などを載せてあります。 この手の本にしては珍しく重版を重ねており、現在5刷です。 (中小企業診断士の資格更新研修テキストにもなっています)

  • 中小企業診断協会∥編: 社内コーチング導入マニュアル

    中小企業診断協会∥編: 社内コーチング導入マニュアル
    「社内にコーチングを定着させる」ということが目的の本です。 「コーチングの研修をやったけど、社内で機能していない」という話をよく聞きますが、それは「社内定着化のプロセス」を行っていないからです。 本書では、コーチングの定着化に重点を置いているところが、他書にはない特徴です。

無料ブログはココログ

« スタンダードの不思議シリーズ | トップページ | 日本で一番心のこもっていないお詫び »

2008/05/19

「甘え上手はダブルワーク上手」

これは、先日『「福業」のススメ』という本を出版した知人(谷口晋一さん)が、その本の中に書いたキーワードです。

谷口さんがどういうビジネスで成功しているかなどについては、ホームページを見ていただくとして、実際、確かに彼は甘え上手なんです(笑)。

谷口さんと始めてあったのは、フランチャイズ・ショーで僕が講演をしたときのことでした(かれこれ10年近く前)。講演終了後、熱心に僕に質問を浴びせてきたのが谷口さんでした。

以来、何回か会ったり相談に乗ったりしていました。そして彼と話していると、ついつい「何とか手助けできないかなぁ」と思ってしまうのです。
相手にそう思わせる力を谷口さんは持っていました。それが「甘え上手」なんだと思います。でも、決して媚を売るとかヨイショするとかデレ~っとするとか、そういう類の「甘え上手」ではありません。

発売に先駆けて献本してくれた本を読みながら、「あ、この熱心さ・真剣さが、谷口さんの力になりたいなと思う理由なんだな~」と気がつきました。
そう、本当に彼はいつも真剣なまなざしで、熱心に自分の考えを語ったり、こちらの意見に耳を傾けたりするんです。
「甘え上手」の本質がここにあります。


コンサルティングという仕事は、クライアントにいろんなものを提供してゆくわけですが、やはり真剣で情熱を持っている経営者と一緒に仕事をすることはとても素晴らしいことで、こちらも全力でサポートしたくなります(^^)v
(ですので、あまり多くのクライアントは持てないんです・・・)
そういう方たちと仕事ができる「コンサルタント」という仕事、僕はとてもシアワセに思います)^o^(

長めのp.s.

サラリーマン向けに書いたこの本の中で、谷口さんが副業を「福業」としているにはもちろん理由があります。

サラリーマンにとって副業は、より多くの収入を得る手段ではありますが、それよりも「自分の人生をシアワセにするものは何なのだろうか」と考え、トライすることが「副業」というわけです。
そこで、自分にとってのシアワセ、そして周りの人が幸せになる手段が見つけることが、本当の「福業のススメ」というわけです。

この本の最後の最後のページに「本当に儲けたければ、欲を捨てよ」というパートがあります。谷口さんが一番言いたかったのは、この最後の3ページなんです。

« スタンダードの不思議シリーズ | トップページ | 日本で一番心のこもっていないお詫び »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39411/41258733

この記事へのトラックバック一覧です: 「甘え上手はダブルワーク上手」:

« スタンダードの不思議シリーズ | トップページ | 日本で一番心のこもっていないお詫び »