ここにもいます(^^)

執筆しているメルマガです

  • コンサルKUROSUの「超辛口就職指南」
    景気が悪いほど、会社で自分の力を発揮するチャンスなのです。 経営コンサルとしてだけではなく自分も一経営者として「会社はこういう人ならドンドン採用する」という人物像をお知らせしています。 タイトルどおり辛口ですが(笑)、就職転職を考えている方にはぜひ読んでいただきたいです。
  • 魂を磨く50の質問
    瞑想のインストラクションの際にお話している内容を、簡単な質問形式にしています。月一の発行なので、邪魔にならないと思います(笑)

クライアントの一部です

お勧めのブログです

僕の書いた本です

  • 黒須 靖史著: 会計と経営戦略

    黒須 靖史著: 会計と経営戦略
    主にSEの方を対象にした本です。 経営戦略の基本的な考え方と、その基礎となる会計の基礎知識を載せてあります。 「戦略的な情報システム」の構築を始めて担当する方にお勧めです。

  • 中小企業診断協会編: コンサルティング・コーチング

    中小企業診断協会編: コンサルティング・コーチング
    コンサルタント向けのコーチング本です。 コーチングの基本的な考え方とスキル、そして、コンサルティングでの活用方法などを載せてあります。 この手の本にしては珍しく重版を重ねており、現在5刷です。 (中小企業診断士の資格更新研修テキストにもなっています)

  • 中小企業診断協会∥編: 社内コーチング導入マニュアル

    中小企業診断協会∥編: 社内コーチング導入マニュアル
    「社内にコーチングを定着させる」ということが目的の本です。 「コーチングの研修をやったけど、社内で機能していない」という話をよく聞きますが、それは「社内定着化のプロセス」を行っていないからです。 本書では、コーチングの定着化に重点を置いているところが、他書にはない特徴です。

無料ブログはココログ

« 「甘え上手はダブルワーク上手」 | トップページ | 今日も職業病 »

2008/05/20

日本で一番心のこもっていないお詫び

今朝は悪天候の影響で電車のダイヤが乱れていました。

僕の乗った列車も、10分ほどの遅延で、ターミナル駅に着きました。
到着の間際に、「本日は列車が遅れまして、大変申し訳ありません」というアナウンスが2回、流れました。

でも、

テープなんですよ(-_-;)

お詫びというのは、「悪いことをしたなぁ」と思った本人が発することに意味があるのであって(お礼も同じ)、ただのセリフとして録音された音声を流しても、気持ちは全くこもっていないですよね。
こういう会社が「お客様の満足度向上に努めています!」といくらたくさんの広告費をかけて宣伝しても、信用できるはずがありません。

効率化してよいことと悪いことの判断ができていない、本質的には企業として「自分たちは何を大事にすべきかがわかっていない」ということです。
企業の本質というのは、こういうところに出てしまうものなんです。


それはそれとして、僕としては、自然の影響で列車が遅れることは鉄道会社に責任はないのだから、そんなに謝らなくてよいと思うんですがね(^_-)
(日本以外の国では、説明はしても、謝らないですよね。日本独自の良き習慣だとは思うのですが、だったら心を込めて欲しいなぁ)

« 「甘え上手はダブルワーク上手」 | トップページ | 今日も職業病 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39411/41280219

この記事へのトラックバック一覧です: 日本で一番心のこもっていないお詫び:

« 「甘え上手はダブルワーク上手」 | トップページ | 今日も職業病 »