ここにもいます(^^)

執筆しているメルマガです

  • コンサルKUROSUの「超辛口就職指南」
    景気が悪いほど、会社で自分の力を発揮するチャンスなのです。 経営コンサルとしてだけではなく自分も一経営者として「会社はこういう人ならドンドン採用する」という人物像をお知らせしています。 タイトルどおり辛口ですが(笑)、就職転職を考えている方にはぜひ読んでいただきたいです。
  • 魂を磨く50の質問
    瞑想のインストラクションの際にお話している内容を、簡単な質問形式にしています。月一の発行なので、邪魔にならないと思います(笑)

クライアントの一部です

お勧めのブログです

僕の書いた本です

  • 黒須 靖史著: 会計と経営戦略

    黒須 靖史著: 会計と経営戦略
    主にSEの方を対象にした本です。 経営戦略の基本的な考え方と、その基礎となる会計の基礎知識を載せてあります。 「戦略的な情報システム」の構築を始めて担当する方にお勧めです。

  • 中小企業診断協会編: コンサルティング・コーチング

    中小企業診断協会編: コンサルティング・コーチング
    コンサルタント向けのコーチング本です。 コーチングの基本的な考え方とスキル、そして、コンサルティングでの活用方法などを載せてあります。 この手の本にしては珍しく重版を重ねており、現在5刷です。 (中小企業診断士の資格更新研修テキストにもなっています)

  • 中小企業診断協会∥編: 社内コーチング導入マニュアル

    中小企業診断協会∥編: 社内コーチング導入マニュアル
    「社内にコーチングを定着させる」ということが目的の本です。 「コーチングの研修をやったけど、社内で機能していない」という話をよく聞きますが、それは「社内定着化のプロセス」を行っていないからです。 本書では、コーチングの定着化に重点を置いているところが、他書にはない特徴です。

無料ブログはココログ

« プライバシーマークの取得セミナーを考えてます | トップページ | きっと社会は求めてる( ̄- ̄) »

2008/01/30

おみごと!

東京駅の八重洲北口におもしろい仕掛けがあります。
「発電床」というというものです。

これは通路に圧力で発電するマットをひき、人が床を歩くエネルギー、正確には床を踏みつけるエネルギーを電力に変える仕組みです。
http://www.jreast.co.jp/press/2007_2/20080105.pdf

エコ発電の仕組みはいろいろなモノがあります。たとえば風力発電、太陽発電、波力発電、地熱発電などです。ところが、これらのエコ発電は、本来別のモノに使われるエネルギーを変換したり、変換するために何かを犠牲にしていることが多いのですね。たとえば風力発電は日照を犠牲にするという具合です。
ところが、この床発電、そもそもなんの役にも立たない「床を踏みつけるエネルギー」を使っているわけですし、何かを犠牲にしているわけではありません(せいぜい、歩き心地?)。

これは画期的だと思います。

ビジネスの世界では、トレードオフの状況が数多くでてきますが、視点を変えると、無駄なく無理なく利得を得られる方法があるものです。コンサルタントの役割の一つはこれを見つけることだと思っています(^^)

この床発電、今年の3月初旬頃までの実験だそうですので、東京駅を使うときに、ちょっと立ち寄ってみては?

« プライバシーマークの取得セミナーを考えてます | トップページ | きっと社会は求めてる( ̄- ̄) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39411/17897830

この記事へのトラックバック一覧です: おみごと!:

« プライバシーマークの取得セミナーを考えてます | トップページ | きっと社会は求めてる( ̄- ̄) »