ここにもいます(^^)

執筆しているメルマガです

  • コンサルKUROSUの「超辛口就職指南」
    景気が悪いほど、会社で自分の力を発揮するチャンスなのです。 経営コンサルとしてだけではなく自分も一経営者として「会社はこういう人ならドンドン採用する」という人物像をお知らせしています。 タイトルどおり辛口ですが(笑)、就職転職を考えている方にはぜひ読んでいただきたいです。
  • 魂を磨く50の質問
    瞑想のインストラクションの際にお話している内容を、簡単な質問形式にしています。月一の発行なので、邪魔にならないと思います(笑)

クライアントの一部です

お勧めのブログです

僕の書いた本です

  • 黒須 靖史著: 会計と経営戦略

    黒須 靖史著: 会計と経営戦略
    主にSEの方を対象にした本です。 経営戦略の基本的な考え方と、その基礎となる会計の基礎知識を載せてあります。 「戦略的な情報システム」の構築を始めて担当する方にお勧めです。

  • 中小企業診断協会編: コンサルティング・コーチング

    中小企業診断協会編: コンサルティング・コーチング
    コンサルタント向けのコーチング本です。 コーチングの基本的な考え方とスキル、そして、コンサルティングでの活用方法などを載せてあります。 この手の本にしては珍しく重版を重ねており、現在5刷です。 (中小企業診断士の資格更新研修テキストにもなっています)

  • 中小企業診断協会∥編: 社内コーチング導入マニュアル

    中小企業診断協会∥編: 社内コーチング導入マニュアル
    「社内にコーチングを定着させる」ということが目的の本です。 「コーチングの研修をやったけど、社内で機能していない」という話をよく聞きますが、それは「社内定着化のプロセス」を行っていないからです。 本書では、コーチングの定着化に重点を置いているところが、他書にはない特徴です。

無料ブログはココログ

« 2007年2月 | トップページ | 2007年5月 »

2007/04/03

リッツ東京 体験談 【続き】

■その後、ソーイングキットは30分経って持ってきてくれました。
ちなみに、靴磨きのサービスをお願いしてあって、「17:30にはお持ちします」といっていたのが、17:45に持ってきて、それと一緒にソーイングキットが入っていました。「お待たせしまして、申し訳ありません」という言葉、ありません。

■外部からホテルの部屋宛にある資料をFAXしてもらいました。先方が「送信しましたよ」と言ってから、20分過ぎても、フロントからは何の連絡もありません。コンシェルジュに電話すると(今度は4回ででました)、「コミュニケーションセンターに確認してまいります」ということで・・・。

■さて、夜は乃木坂で飲んできまして、22時過ぎにミッドタウンにもどりました。
ところが、ミッドタウンの各建物は22時になると通行できない通路がやたらとできて、そのため外出時にホテルから出てきた経路では帰れません。リッツへのある入り口には「こちらからは入れませんので●●(ミッドタウン内の固有名詞。初めて言った僕らには、わからないです)からどうぞ」と言葉だけの説明(経路図なし)。ぜんぜん、わかりません。

■そこで、ミッドタウン内のある店の前からリッツに電話し、「いまベーカーバウンスという店の前にいるのだが、ホテルに通じる通路がわからない。」と聞きました。すると、「少々お待ちください」といって保留で待たせること2分以上。
一旦切ってかけなおしました。「これこれこういうことで、待たされたままなんですが」というと、「またお待ちください」と待たせようとするので、「コールバックしてください。名前は黒須といいます。電話は・・・」と伝え、切りました。
さて、待つこと3分、かかってきません。
もう一度電話して、「これこれこういうことで、待たされる黒須ですが」というと「黒須さま、そこからでしたら、これこれこの通路を・・・」と行きかたを説明し始めるので、「ホームに花束なんかもって行くような感動のサービスはいいから、自分のホテルの真下で道に迷ってる客がいることを、どう思いますか?」と言ったら、「お迎えに参ります」といってくれました。
待つこと6分できました。
結局、乃木坂からミッドタウンに戻ってから、30分以上経っていました。

■翌朝、チェックアウトの際も、お詫びの言葉はありません。つまり、実際は「すべての客の顔など覚えていない」ということでしょう。

リッツ・カールトン東京のホームページはこちらです。
http://www.tokyo-midtown.com/jp/facilities/hotel/index.html

p.s.
このブログを見た友人から「ますます性格悪くなったね」と言われてしまいました^_^;

2007/04/02

リッツ・カールトン東京 体験記

Rct
2007年3月30日にオープンした、ザ・リッツ・カールトン東京。
あるプロジェクトの打ち合わせを、プロジェクトに応用できるものを見つけるための視察を兼ねてこのホテルに宿泊しながら行うことにしました。

宣伝に対して、どの程度のできあがりなのかと思っていましたが、やはり実態はこんなもんか、というところです。

具体的には、
■ホテルに14時に到着。チェックインは15時だが、とりあえずフロントで部屋に入れるかどうか聞いてみる。すると、14:30頃には入れるとのこと。入れるようになったら携帯に電話をくれるというので番号を教える。ロビー階のラウンジで待つが15時になっても電話はない。
■ベルボーイに部屋まで案内してもらおうと頼んだが、声をかけてから3分程、荷物を持ったまま立ったまま待たされる。
■部屋に入り、「お部屋のご説明をいたしましょうか」というので、頼む。エアコン、ミニバー等の説明はなく、ベッドサイドのコンソールのことだけ。
■チェックイン時に、タバコを吸うので、といったら、「お部屋に灰皿を用意しておきます」と言ってくれたが、ない。
■部屋で無線LANが使えるとのことだが、その使い方が見つからない。コンシェルジュに電話する。26回コールして、代表に転送される。「わかるものをうかがわせます」と言ってくれたが、こない。
■歯ブラシや髭剃りなどは、豪勢な引き出しに鎮座しているが、ソーイングキットがない。ハウスキーピングに電話すると、これまた26回コールして代表へ。「ハウスキーピングにうかがわせます」といって、今すでに15分。

さぁ、到着して3時間でこれだけありました。
僕は普通にホテルステイをしているつもりですが・・・(無茶なこと、何も言ってないですよねぇ?)。

ちなみに、調度品やアメニティーは、(歴史的という点での評価を除けば)確かにいい物を使っていると思います。

サービスレベルを気にしなければ、部屋も広いし眺めもよいし、いいホテルです(^^)v

« 2007年2月 | トップページ | 2007年5月 »