ここにもいます(^^)

執筆しているメルマガです

  • コンサルKUROSUの「超辛口就職指南」
    景気が悪いほど、会社で自分の力を発揮するチャンスなのです。 経営コンサルとしてだけではなく自分も一経営者として「会社はこういう人ならドンドン採用する」という人物像をお知らせしています。 タイトルどおり辛口ですが(笑)、就職転職を考えている方にはぜひ読んでいただきたいです。
  • 魂を磨く50の質問
    瞑想のインストラクションの際にお話している内容を、簡単な質問形式にしています。月一の発行なので、邪魔にならないと思います(笑)

クライアントの一部です

お勧めのブログです

僕の書いた本です

  • 黒須 靖史著: 会計と経営戦略

    黒須 靖史著: 会計と経営戦略
    主にSEの方を対象にした本です。 経営戦略の基本的な考え方と、その基礎となる会計の基礎知識を載せてあります。 「戦略的な情報システム」の構築を始めて担当する方にお勧めです。

  • 中小企業診断協会編: コンサルティング・コーチング

    中小企業診断協会編: コンサルティング・コーチング
    コンサルタント向けのコーチング本です。 コーチングの基本的な考え方とスキル、そして、コンサルティングでの活用方法などを載せてあります。 この手の本にしては珍しく重版を重ねており、現在5刷です。 (中小企業診断士の資格更新研修テキストにもなっています)

  • 中小企業診断協会∥編: 社内コーチング導入マニュアル

    中小企業診断協会∥編: 社内コーチング導入マニュアル
    「社内にコーチングを定着させる」ということが目的の本です。 「コーチングの研修をやったけど、社内で機能していない」という話をよく聞きますが、それは「社内定着化のプロセス」を行っていないからです。 本書では、コーチングの定着化に重点を置いているところが、他書にはない特徴です。

無料ブログはココログ

« 役職「おやじ」 | トップページ | リッツ・カールトン東京 体験記 »

2007/02/17

キャンセル待ちの不思議

キャンセル待ちで飛行機に乗ることがあります。
まずチケットを買って、カウンターでキャンセル待ちの旨を告げてからチェックインし(キャンセル待ちの控えをくれます)、手荷物検査を受けて、待合室に入ります。そして、搭乗口近くにあるキャンセル待ちカウンターにチケットを渡して、呼ばれるのを待ちます。
呼ばれるのは、搭乗が始まって少ししてからです。キャンセル待ちカウンターの前には、呼ばれるのを待つ人が集まってきます。搭乗客の多い路線だと、この人数も多く、人だかりが出来ます。

時間が来て(というか実際はカウンター側の準備が出来て)、名前が呼ばれ始めます。
カウンターの中で、複数の地上スタッフが、それぞれ名前を呼ぶので、結構わかりにくく、そのため、人だかりは必死の形相でカウンターを取り囲んでいます。

面白いことに、同じ航空会社でも、空港によって名前の呼び方が少し違います。
①キャンセル待ちの番号+氏+氏名
②氏名+氏名
③氏+氏名
④カテゴリー種別(優先順位)+氏

一番わかりやすいのは、①です。
なぜなら、
・番号が言われるので、自分が後どのぐらい呼ばれるかがわかる。
・番号と氏名なので、聞き間違える確率が少ない。

ただ、「どうして大型病院の薬局の用に、番号を大型ディスプレイに表示しないのかなぁ」といつも思うのでした^_^;
きっと、人に任せたほうが効率がいいんでしょうね。
システムに糸目をつけずにお金をかける日本の航空会社でも、そういう部分は考えているのかな・・・

« 役職「おやじ」 | トップページ | リッツ・カールトン東京 体験記 »

コメント

全営業時間に対しキャンセル待ちが出るくらい混み合う時の割合を考えると、システム導入よりも人が対応するほうがお金や手間などがかからないのかもしれませんね。どちらにしろ、ストレスなく分かりやすくしてほしいものです。

素朴な疑問なのですが、キャンセル待ちで呼ばれない場合は手荷物検査のところを通って帰るのですか?それとも別の出口があるとか?
 

なおQさん
コメントをありがとうございます(^^♪

確かに、割合を考えると人手のほうがいいかもしれないですね。
でも、キャンセル待ち対応時の地上スタッフの混乱振りを見ていると、少々気の毒です(笑)

荷物の件ですが、僕はキャンセル待ちで載れなかったことがないのでわからないのです。でも、ある時、チェックインして荷物を預けたものの、ラウンジで仕事していたら搭乗時間が過ぎていて(アナウンスも耳に入らず)乗り損ねたことがあります(笑)。そのときは、荷物をカウンターで引き取りました^_^;

では(^^)/~~~

スゴイですね!!その集中力。時には乗り損ねるなど問題も生じるのかもしれませんが、集中している仕事自体は良い結果になっていくのでしょうね。羨ましい限りです。

本題のキャンセル待ちについては、お客に対してだけでなく、スタッフにもスムーズな仕組みになっていくといいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39411/13938605

この記事へのトラックバック一覧です: キャンセル待ちの不思議:

« 役職「おやじ」 | トップページ | リッツ・カールトン東京 体験記 »