ここにもいます(^^)

執筆しているメルマガです

  • コンサルKUROSUの「超辛口就職指南」
    景気が悪いほど、会社で自分の力を発揮するチャンスなのです。 経営コンサルとしてだけではなく自分も一経営者として「会社はこういう人ならドンドン採用する」という人物像をお知らせしています。 タイトルどおり辛口ですが(笑)、就職転職を考えている方にはぜひ読んでいただきたいです。
  • 魂を磨く50の質問
    瞑想のインストラクションの際にお話している内容を、簡単な質問形式にしています。月一の発行なので、邪魔にならないと思います(笑)

クライアントの一部です

お勧めのブログです

僕の書いた本です

  • 黒須 靖史著: 会計と経営戦略

    黒須 靖史著: 会計と経営戦略
    主にSEの方を対象にした本です。 経営戦略の基本的な考え方と、その基礎となる会計の基礎知識を載せてあります。 「戦略的な情報システム」の構築を始めて担当する方にお勧めです。

  • 中小企業診断協会編: コンサルティング・コーチング

    中小企業診断協会編: コンサルティング・コーチング
    コンサルタント向けのコーチング本です。 コーチングの基本的な考え方とスキル、そして、コンサルティングでの活用方法などを載せてあります。 この手の本にしては珍しく重版を重ねており、現在5刷です。 (中小企業診断士の資格更新研修テキストにもなっています)

  • 中小企業診断協会∥編: 社内コーチング導入マニュアル

    中小企業診断協会∥編: 社内コーチング導入マニュアル
    「社内にコーチングを定着させる」ということが目的の本です。 「コーチングの研修をやったけど、社内で機能していない」という話をよく聞きますが、それは「社内定着化のプロセス」を行っていないからです。 本書では、コーチングの定着化に重点を置いているところが、他書にはない特徴です。

無料ブログはココログ

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005/12/31

異星人を探しています

seti
子供の頃からSFが好きで、宇宙の神秘や科学的な分析などに関する本などを、いまでもたまに読みます。
先日、読んだその類の本の中に、「世界中のパソコンをネットワークでつないで、宇宙から飛来してくる電波を分析し、知的生命体を発見する試みをしているプロジェクト」があることを知りました。
SETI @home と呼ばれています(SETI=Search for Extraterrestrial Intelligence)
ご興味がある方は、こちらのページhttp://boinc.oocp.org/sah/indexj.phpを見ていただければと思います。
宇宙好きな僕としては、とても面白そうなプロジェクトですので、早速、プライベートのパソコンで異性人探しに参加しています。

ちなみに、僕は、月と火星に10数エーカーの土地を持っています。

2005/12/18

===商品のバランス===

先日、出雲で講演があったので、スケジュールを調整して以前からぜひ行きたいと思っていた出雲大社に講演前日に行けるようにしました。その日は出雲市駅に近い温泉に泊まろうと思いネットで検索したところ、湯の川温泉にある「湯宿 草庵(ゆやど そうあん)」( http:// www.yuyado-souan.jp)という旅館を見つけました。ホームページを見たとき「なかなか良さそうだなぁ」と思ったので、あまり迷いもせず予約しました。

さて、出雲大社へのお参りも無事終了し、宿に向かいました。結論から言うと、期待通りのすばらしい宿でした(どこが良かったかという細かい部分は、ぜひ一度行かれて体験してください)。 僕は温泉が大好きなのですが、なかなか「これは!」という温泉旅館に出会えないので、実は、自分で温泉旅館を経営しようと計画しているんです。ですから温泉旅館に泊まると、お風呂や部屋やサービスやらをついついいろいろと研究してしまうのですが、結構、全体が参考になる、という宿は少ないんですね。例えば、「お風呂はとてもいい」「食事がおいしい」というように、部分部分では参考になるのですが、全部、という宿はほとんどありません。

しかし、この草庵は、全体が本当に良くできています。どんなふうにして、この旅館ができあがったのかを是非知りたくなり、宿の方にお願いをして夕食後に社長のお話を伺わせてもらうことになりました。

暖炉のある談話室で、とてもやさしい人柄の内田社長からいろいろなお話を伺うことができました。中でも最も印象的だったのは、「10年間構想して、すべて自分でデザインやスタッフ教育などを手がけた」と「自分がこういうところに住みたい、というものを形にした」ということでした。

この宿が高いレベルでバランスのよさを実現できているのは、このことが根源なのだろうなぁ、と思います。もちろん、社長も非常に研究熱心ですから、他の旅館オーナーを訪ねていったり、コンサルタントの話を聞いたりとしています。そうやって、ご本人も「他の旅館のいいとこ取りをしました」とおっしゃっているように、いい部分が寄せ集まっているのですが、それが、チグハグではなく絶妙にリンクされているのは、ご自身のお考えがしっかりしているからだろうと思います。

商品開発というのはこのバランスが重要なのだと思います。「よい商品」というのは、この草庵のように、高いレベルでバランスが取れているわけですね。車で言えば、日本製の高級車がこれに当たるのだろうと思います。

逆に、あえてバランスを崩して(あるいはバランスを取ろうとしないで)、いわゆる「味」を出したり、芸術的な部分を強調したり、アンバランスゆえの楽しさを作り出したりすることもあります。フェラーリやアルファロメオはこの部類ですね。

どちらがよい、ということではなく、「バランスを意識して作り上げられるかどうか」が商品開発力なのだと思います。僕が「商品開発力は、技術力よりポリシーが大事」と考えるのは、こういう理由からです。
て、この草庵ではアンケート票が部屋に置かれています。具体的な数値はお知らせできませんが、その回収率の高さや満足度の高さは、「うーん、さすがだぁ~」と思わず唸るほどです。

ではまた

2005/12/04

やっぱり、軽くて長いのが・・・

クライアントへの訪問や、各地での講演・研修などで、いろいろな交通手段で移動をすることが多い仕事ですので、移動の最中、いろいろな場所でノートパソコンを広げているビジネスパーソンを見かけます。
あるとき気づいたんですが、その7~8割は同じメーカーの同じ機種(世代は若干違うかもしれませんが、同じシリーズ)なのです。
実は、僕もそれと同じノートPCを使っています。僕がノートPCを選択する基準は「軽いこと、バッテリーが長持ちすること」の2点です。そうすると、このPCしかないんですね。
先日も、使っていたノートPCのバッテリーが劣化してきたので、買い換えることにしたのですが、悩む余地がなく、同じメーカーの同じシリーズの(新型の)PCなんです。逆に言うと、まったく選択の自由がないんです。
こういうのを、市場独占、というんでしょうね。
PC

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »