ここにもいます(^^)

執筆しているメルマガです

  • コンサルKUROSUの「超辛口就職指南」
    景気が悪いほど、会社で自分の力を発揮するチャンスなのです。 経営コンサルとしてだけではなく自分も一経営者として「会社はこういう人ならドンドン採用する」という人物像をお知らせしています。 タイトルどおり辛口ですが(笑)、就職転職を考えている方にはぜひ読んでいただきたいです。
  • 魂を磨く50の質問
    瞑想のインストラクションの際にお話している内容を、簡単な質問形式にしています。月一の発行なので、邪魔にならないと思います(笑)

クライアントの一部です

お勧めのブログです

僕の書いた本です

  • 黒須 靖史著: 会計と経営戦略

    黒須 靖史著: 会計と経営戦略
    主にSEの方を対象にした本です。 経営戦略の基本的な考え方と、その基礎となる会計の基礎知識を載せてあります。 「戦略的な情報システム」の構築を始めて担当する方にお勧めです。

  • 中小企業診断協会編: コンサルティング・コーチング

    中小企業診断協会編: コンサルティング・コーチング
    コンサルタント向けのコーチング本です。 コーチングの基本的な考え方とスキル、そして、コンサルティングでの活用方法などを載せてあります。 この手の本にしては珍しく重版を重ねており、現在5刷です。 (中小企業診断士の資格更新研修テキストにもなっています)

  • 中小企業診断協会∥編: 社内コーチング導入マニュアル

    中小企業診断協会∥編: 社内コーチング導入マニュアル
    「社内にコーチングを定着させる」ということが目的の本です。 「コーチングの研修をやったけど、社内で機能していない」という話をよく聞きますが、それは「社内定着化のプロセス」を行っていないからです。 本書では、コーチングの定着化に重点を置いているところが、他書にはない特徴です。

無料ブログはココログ

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005/10/23

病院の常識はビジネスの非常識

サービス業のクライアントの社長が、腎臓結石でseimonPhoto
入院したので、お見舞いに行ったところ、こんなことを言っていました。
「うちの社員は、まだまだサービス業の何たるかをわかっていないと思っていたけれど、この病院に比べれば1万倍ましだよ。」
確かに、僕も同感です(笑)
(病院サービスのあり方については、書き出すと長くなるので別のHPに掲載します)

2005/10/17

1年先の今日を考える

cal
僕は、「未来日記」というのをつけています。これは、「来年の今日の出来事」を書くものです。
僕も経営者なので、会社の事業計画は考えるのですが、それは会社としてだけの計画でありますし、毎日のことまで書くわけにも行きません。
でも、「実現している状態をイメージすること」は人生にとってとても大事なことであり、それを何かに書くことは、より早く確実に実現させるものであるということを僕は体験的に知っています。
では、どうしたら具体的にイメージできるか、ということから始めたのがこの未来日記です。
これはとても楽しいものです。なぜなら、自分が実現したい状態をそのまま書けばいいのですから。
その情景に近い写真などを貼り付けると、さらにリアリティがまして、とてもいい気分です。
ちなみに、夜眠る前に書くのがコツです。

2005/10/09

恐るべし童話作家的発想

nagahama
先日、知り合いの童話作家と一緒にお茶をしました。
「最近、どういう童話を作っているのですか?」
と聞いてみたところ、『ラーメン太郎』という、ラーメンが大好きな少年の冒険シリーズを書いているとのこと。
面白そうな話なので、どんなストーリーなのか聴いてみました。


「ラーメンが大好きなラーメン太郎、今日の朝ごはんもラーメンです。お母さんが心を込めて作ってくれたトンコツラーメンです。
あまりに美味しそうなので、ラーメン太郎は、ラーメンの中に入ってみたくなりました。そして、ドッボンと飛び込みました。チャーシューや紅ショウガの間を、ラーメン太郎はスーイスイと泳いでゆきます。・・・」

いくらラーメンが美味しそうだからといって、「中に入ってみたくなる」という発想は、とても僕にはできません。
童話作家というのは、文章力だけでなく、非現実的な出来事を、もっともらしく、そして興味深く書ける能力の持ち主なんですねぇ。脱帽です。

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »