ここにもいます(^^)

執筆しているメルマガです

  • コンサルKUROSUの「超辛口就職指南」
    景気が悪いほど、会社で自分の力を発揮するチャンスなのです。 経営コンサルとしてだけではなく自分も一経営者として「会社はこういう人ならドンドン採用する」という人物像をお知らせしています。 タイトルどおり辛口ですが(笑)、就職転職を考えている方にはぜひ読んでいただきたいです。
  • 魂を磨く50の質問
    瞑想のインストラクションの際にお話している内容を、簡単な質問形式にしています。月一の発行なので、邪魔にならないと思います(笑)

クライアントの一部です

お勧めのブログです

僕の書いた本です

  • 黒須 靖史著: 会計と経営戦略

    黒須 靖史著: 会計と経営戦略
    主にSEの方を対象にした本です。 経営戦略の基本的な考え方と、その基礎となる会計の基礎知識を載せてあります。 「戦略的な情報システム」の構築を始めて担当する方にお勧めです。

  • 中小企業診断協会編: コンサルティング・コーチング

    中小企業診断協会編: コンサルティング・コーチング
    コンサルタント向けのコーチング本です。 コーチングの基本的な考え方とスキル、そして、コンサルティングでの活用方法などを載せてあります。 この手の本にしては珍しく重版を重ねており、現在5刷です。 (中小企業診断士の資格更新研修テキストにもなっています)

  • 中小企業診断協会∥編: 社内コーチング導入マニュアル

    中小企業診断協会∥編: 社内コーチング導入マニュアル
    「社内にコーチングを定着させる」ということが目的の本です。 「コーチングの研修をやったけど、社内で機能していない」という話をよく聞きますが、それは「社内定着化のプロセス」を行っていないからです。 本書では、コーチングの定着化に重点を置いているところが、他書にはない特徴です。

無料ブログはココログ

« 2004年8月 | トップページ | 2004年12月 »

2004/11/01

ベトナム ハノイで講義をしてきました!

先日ベトナムのハノイ貿易大学(Foreign Trade University)の日本学部で、講義をする機会がありました。日本の製造業と流通業についての現況やこれからの方向性についての話をしました。製造業については、「日本の製造業(特に中小企業)が中国進出などの経験を得た今、海外展開をどのように捉えているか、またそれに関連してベトナムにどのようなチャンスとリスクがあるか」という話をし、流通業については、「消費の二極化進展と新しいターゲットとなる消費者像とそのアプローチスタイルについて」の話をしてきました。

日本人が講義をするということによって、非日常的な好奇心が増大することは当然あるとしても、学生の熱心さにはとても驚きました。講義中にこちらから質問すれば、それについて一生懸命に答える(しかも日本語で!)のは当たり前。話の中のさりげない問いかけにもガンガンとレスポンスがあります。そして、講義の前後には、臆することなく積極的に、しかも礼儀正しく様々な質問をしてきます。ある生徒は、今度発表するレポートについての添削を頼んできましたが、若干情報が古いものの、内容的にはとてもレベルの高いものでした。日本語でのレポートなのですが、下手な日本のビジネスマンよりよっぽど上手な文章を書いています。

彼らは非常によく勉強しているなぁ、という印象を受けました。これは先月クライアントの支店開設のために上海を訪れたときにガイドをしてくれた中国人学生にも共通するものです。ソウルでも同じようなことを感じました。僕があった人々の数は、それぞれの民族のホンの一部ではありますが、日本ではあまり経験のないことです(自分のことは棚に上げています(笑))。アジアでの経済的なポジションということについてはともかく、若い人たち、中でもエリート層や起業家の卵といった人たちの貪欲さという点では日本は完全に負けていると思いました。特に「自分の将来について明確なビジョン」を持っているという部分は力強さの源泉だと感じました。

今、日本の中小企業では、後継者問題が企業存続の大きな伏兵となっています。以前、中小企業大学校の後継者養成コースに参加していた2代目が、休憩時間中にホワイトボードに猥褻な絵を描いて喜んでいた姿をみて唖然としたことがありましたが、このような2代目の下で一生懸命働いている従業員のことを考えると情けない気持ちで一杯でした。 2代目に限らず、若いビジネスパーソンには自分の目指す方向を見据えていただきたいなぁ、と思っています。

以上

« 2004年8月 | トップページ | 2004年12月 »